全国こども考古学教室

福井県

春日山古墳

かすがやまこふん

所在地福井県永平寺町外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

九頭竜川(くずりゅうがわ)が福井平野に出るところの丘の先端に位置します。松岡公園をつくる時の工事で発見され、1992年の発掘調査(はっくつちょうさ)で、直径約20mの円墳(えんぷん)であることがわかりました。埋葬施設(まいそうしせつ)は横穴式石室(よこあなしきせきしつ)で、石室内には珍しい横口式(よこぐちしき)の舟形石棺(ふながたせっかん)がありました。石室内からは、刀などの武器(ぶき)類・馬具(ばぐ)類・須恵器(すえき)・土師器(はじき)などが発見されています。古墳が作られたのは、6世紀末葉~7世紀初頭と考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

戻る
error: コンテンツは保護されています