全国こども考古学教室

岐阜県

象鼻山古墳群

ぞうびさんこふんぐん

所在地岐阜県養老郡養老町橋爪外部リンクGooglemap

主な時代弥生時代~古墳時代

標高(ひょうこう)約140mの象鼻山(ぞうびさん)に登ると、濃尾(のうび)平野を見わたすことができます。その山頂から中腹(ちゅうふく)に、弥生時代(やよいじだい)の終わりから古墳(こふん)時代(こふんじだい)にかけて、70基(き)ほどの墳墓(ふんぼ)が作られています。古墳群(こふんぐん)でもっとも大きい1号墳は、3世紀末につくられた全長40mの前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)です。このほか、多くの墳墓(ふんぼ)が方形(ほうけい)ですが、円形(えんけい)の墓(8号墳)もまじるなど、弥生時代(やよいじだい)から古墳時代(こふんじだい)のお墓(はか)のうつりかわりが明らかになりました。このなかで、3号墳(さんごうふん)は、人が埋葬(まいそう)されたのではなく、祭りのための高台(たかだい)だと考えられています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 象鼻山

    象鼻山

  • 古墳の分布図

    古墳の分布図

  • 1号墳遺物出土状況

    1号墳遺物出土状況

現在の様子現地は、遊歩道(ゆうほどう)から登って行けるほか、山頂(さんちょう)付近に案内板があります
戻る
error: コンテンツは保護されています