全国こども考古学教室

鳥取県

豊成叶林遺跡

とよしげかのうばやしいせき

所在地鳥取県西伯郡大山町豊成外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代

旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)。約3万年前に降り積もった火山灰(かざんばい)よりも、さらに深い地中から、260点以上の石器(せっき)や、石器(せっき)を作る時にできた石くずがみつかりました。石器(せっき)や石くずの大部分は、②か所にまとまってみつかっており、石器(せっき)や石のカケラがくっつく例が多いことから、このまとまりは石器(せっき)を作った跡(あと)と考えられています。石器(せっき)の材料となった石の多くは、島根県の島根半島や宍道湖(しんじこ)のほとりから運ばれてきた石のようです。鳥取県(とっとりけん)ではじめて、大規模(だいきぼ)な発掘調査(はっくつちょうさ)によって、旧石器時代(きゅうせっきじだい)の石器(せっき)作りの様子がくわしくわかった、重要(じゅうよう)な遺跡(いせき)です。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 見つかった石器

    見つかった石器

現在の様子現在は、山陰自動車道になっているため、見学できません
戻る
error: コンテンツは保護されています