全国こども考古学教室

千葉県

芝山古墳群

しばやまこふんぐん

所在地千葉県山武郡横芝光町中台1472-1外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

芝山古墳群(しばやまこふんぐん)は、4基(き)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)と13基(き)の円墳(えんぷん)からなります。人物埴輪(じんぶつはにわ)などの多くの埴輪(はにわ)がみつかった殿塚古墳(とのづかこふん)と姫塚古墳(ひめづかこふん)は、いずれも長方形の二重(にじゅう)の(ほり)がめぐり、きれいに表面を磨(みが)いた切石(きりいし)を使った横穴式石室(よこあなしきせきしつ)がつくられています。殿塚古墳(とのづかこふん)の石室(せきしつ)からは、大刀(たち)や金銅製(こんどうせい)の鈴(すず)や青銅製(せいどうせい)の椀(わん)など、姫塚古墳(ひめづかこふん)からは大刀(たち)・金銅製(こんどうせい)の馬具(ばぐ)などの副葬品(ふくそうひん)がみつかっています。6世紀後半ごろに、殿塚古墳(とのづかこふん)から姫塚古墳(ひめづかこふん)へと、ほとんど間をあけずに作られたようで、それまで有力な古墳(こふん)がなかったこの地域(ちいき)に、突如(とつじょ)として大型(おおがた)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)が出現(しゅつげん)することが注目されます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 全景(姫塚)

    全景(姫塚)

  •   いろんな人物埴輪が出土した

      いろんな人物埴輪が出土した

  • 馬を引く人の埴輪

    馬を引く人の埴輪

現在の様子現在、出土(しゅつど)した埴輪(はにわ)は県の有形文化財(ゆうけいぶんかざい)に指定されており、本物は「芝山はにわ博物館【天台宗 芝山仁王尊 観音教寺】」で見学できます
戻る
error: コンテンツは保護されています