全国こども考古学教室

埼玉県

デーノタメ遺跡

でーのためいせき

所在地埼玉県北本市大字下石戸外部リンクGooglemap

主な時代縄文時代

縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)から縄文時代後期(じょうもんじだいこうき)のムラです。ムラは、縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)では、直径(ちょっけい)が200mを(こ)える大きなムラだったことがわかりました。高台(たかだい)には、たくさんの住居(たて穴建物)が建てられていました。そのそばにある低湿地(ていしっち)は、木の実を保存(ほぞん)したり作業をしたりする場所として使われていたようです。クルミやトチの実がまとまっている場所や、木を組み合わせた道と考えられるものがみつかっています。縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)の、赤や黒の(うるし)がぬられた土器(どき)がたくさんみつかっていることも、この遺跡(いせき)の大きな特徴(とくちょう)です。このような例はとても少なく、注目されています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 発掘調査のようす

    発掘調査のようす

  • 発掘調査のようす

    発掘調査のようす

  • クルミの実がまとまって出土

    クルミの実がまとまって出土

戻る
error: コンテンツは保護されています