全国こども考古学教室

埼玉県

埼玉古墳群

さきたまこふんぐん

所在地埼玉県行田市埼玉外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

現在、8基(き)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)と1基(き)の円墳(えんぷん)が残されていますが、かつては40基(き)以上の古墳(こふん)があったことがわかっています。古墳(こふん)がつくられた時期は、5世紀後半から7世紀初めごろと考えられています。このなかの1つである稲荷山古墳(こふん)は、5世紀後半から終わりごろにつくられた前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。埋葬施設(まいそうしせつ)から発見された金象嵌(きんぞうがん)の銘文(めいぶん)を持つ金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)は有名で、日本の歴史(れきし)を考えるうえで重要な発見です。丸墓山古墳(まるはかやまこふん)は、直径105mで、日本で最大級(さいだいきゅう)の円墳(えんぷん)として知られています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 空からみ古墳群

    空からみ古墳群

  • 稲荷山遺跡礫槨

    稲荷山遺跡礫槨

  • 将軍山古墳石室の様子

    将軍山古墳石室の様子

戻る
error: コンテンツは保護されています