全国こども考古学教室

富山県とやまけん
  • 遺跡数4033か所
  • 面 積4248㎢
バン爺
富山県のマップ小矢部ふるさと歴史館立山町埋蔵文化財センター滑川市立博物館富山県埋蔵文化財センター弓の里歴史文化館氷見市立博物館まいぶんKAN北代縄文館富山市考古資料館直坂遺跡眼目新丸山遺跡小竹貝塚朝日貝塚不動堂遺跡北代遺跡大境洞窟住居跡下老子笹川遺跡囲山遺跡王塚・千坊山遺跡群柳田布尾山古墳本江遺跡稚子塚古墳若宮古墳

富山県(とやまけん)は、北に日本海があり、それ以外は山でかこまれています。海から山までの距離(きょり)は短く、とくに立山(たてやま)には3,000m級の山々ばかりで、そこから流れ出る川は、国内でも珍しいほど流れが急になっています。このため、昔の人々が生活した跡(あと)があるところはわずかです。移動生活(いどうせいかつ)をしていた旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)は数が少なく、山地または台地(だいち)にいくつか見られます。縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡(いせき)は、古い時期は旧石器時代(きゅうせっきじだい)と同じように数が少なく、同じようなところにあります。縄文時代(じょうもんじだい)でも、定住生活(ていじゅうせいかつ)をするようになると、遺跡(いせき)がたくさん増え、低地(ていち)には貝塚(かいづか)、台地(だいち)には大きなムラをつくるようになります。米づくりをする弥生時代(やよいじだい)と古墳時代(こふんじだい)の遺跡(いせき)は、低地(ていち)にムラや田んぼ、台地(だいち)や山地に墓(はか)があります。
富山県(とやまけん)は日本海側にあり、遺跡(いせき)の数や発掘調査(はっくつちょうさ)の数が太平洋側の県と比べると少なく、これまでよく知られていませんでした。ところが最近(さいきん)、高速(こうそく)道路や新幹線(しんかんせん)などの工事の前に発掘調査(はっくつちょうさ)が多く行われ、低地(ていち)の遺跡(いせき)や貝塚(かいづか)、弥生時代(やよいじだい)から古墳時代(こふんじだい)のさまざまな墓(はか)など新しい発見が増え、太平洋側とは違った遺跡(いせき)のあり方がわかってきました。今後の発掘調査(はっくつちょうさ)と研究(けんきゅう)が楽しみな地域(ちいき)です。

うちのお宝 ベスト5

  • 旧石器(きゅうせっき)時代の石器

    旧石器(きゅうせっき)時代の石器立美遺跡(たつみいせき)

    県の南西部(なんせいぶ)、南砺市(なんとし)の立野ヶ原台地(たてのがはらだいち)の上にある遺跡(いせき)からみつかった石器(せっき)です。1974年に発掘調査(はっくつちょうさ)が行われ、約1,350点の石器(せっき)がみつかりました。時期は、旧石器時代(きゅうせっきじだい)後期です。石器(せっき)は、科学分析(かがくぶんせき)によって、富山県(とやまけん)から約540㎞はなれた、青森県深浦(ふかうら)でとれた黒曜石(こくようせき)であることがわかり、2017年に富山県(とやまけん)指定(してい)の有形文化財(ゆうけいぶんかざい)となりました。県内のほかの遺跡(いせき)からみつかった旧石器(きゅうせっき)時代の石器(せっき)が、地元(じもと)の石材(せきざい)を利用しているのに対し、かなり遠いところの石材(せきざい)を利用していることは、当時の人々の移動(いどう)の範囲(はんい)を考える上で重要な資料(しりょう)です。

  • 玦状(けつじょう)耳かざり

    玦状(けつじょう)耳かざり極楽寺遺跡(ごくらくじいせき)

    立山(たてやま)から続く山地の裾(すそ)付近にある遺跡(いせき)からみつかった石でつくった”C”の字のような耳かざり(ピアス)です。1963年に発掘調査(はっくつちょうさ)が行われ、縄文時代前期(じょうもんじだいぜんき)の初めの土器(どき)や石器(せっき)とともに、65点みつかりました。みつかった耳かざりは、すべて滑石製(かっせきせい)で、円盤状(えんばんじょう)のもの、穴(あな)をあけている途中(とちゅう)のもの、完全な形のもの、半分に割(わ)れてしまっているものがあります。これらは、耳かざりを作る順番(じゅんばん)を示すもので、作り方を明らかにしている、またとない資料(しりょう)です。玦状(けつじょう)耳かざりは、中国の玦(けつ)との関係が深いもので、耳かざりではないという意見もあります。

  • ヒスイの大珠(たいしゅ)

    ヒスイの大珠(たいしゅ)朝日貝塚(あさひかいづか) 国指定重要文化財

    1920年代に、道路工事中に地元(じもと)の研究者(けんきゅうしゃ)がみつけたものです。大珠(たいしゅ)とは、鰹節(かつおぶし)のような形をした垂飾り(たれかざり)です。長さ15.9㎝、幅(はば)4.7㎝、重さ471gでほぼ中央に穴(あな)をあけています。その大きさは国内最大(さいだい)で、材質(ざいしつ)は新潟県(にいがたけん)から富山県(とやまけん)の境(さかい)でとれるヒスイです。透明感(とうめいかん)のある白色に、ヒスイの緑色が筋(すじ)のように入る、すぐれた品で、1973年には国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定(してい)されています。朝日貝塚(あさひかいづか)から一緒にみつかった縄文土器(じょうもんどき)から、縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)のおわりごろとみられます。ヒスイは、ひじょうに硬(かた)い材質(ざいしつ)で、それを加工(かこう)し、穴(あな)をあける当時の技術力(ぎじゅつりょく)には、目をみはるものがあります。

  • いろいろな玉

    いろいろな玉下老子笹川遺跡(しもおいごささがわいせき)

    下老子笹川遺跡(しもおいごささがわいせき)からみつかった細長い円筒形(えんとうけい)のくだ玉まが玉など、弥生時代(やよいじだい)のアクセサリーである玉製品(せいひん)です。玉製品(せいひん)には、完成品とその作りかけの品や失敗品など、玉を作る順番がわかるものがたくさんあります。とくに重要なのは、弥生時代中期(やよいじだいちゅうき)と後期(こうき)の、作り方がことなる2つの時期の資料(しりょう)が、工房(こうぼう)とみられるたて穴建物からまとまってみつかっていることです。玉をつくる石材(せきざい)には、鉄石英(てつせきえい)とよばれる赤い石、グリーンタフとよばれる緑色の石の2種類があり、玉を作るのに必要な、石に穴(あな)をあける針(はり)や石をみがく砥石(といし)などもみつかっています。弥生時代(やよいじだい)の玉つくりを考える上で、貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

  • いろいろな玉

    いろいろな玉浜山玉つくり遺跡(はまやまたまつくりいせき)

    新潟県(にいがたけん)との境(さかい)に近い山地の裾(すそ)からみつかった玉製品(せいひん)です。1967・1968年に発掘調査(はっくつちょうさ)が行われ、玉を作る工房(こうぼう)とみられるたて穴建物から古墳時代中期(こふんじだいちゅうき)のまが玉くだ玉などがみつかりました。ヒスイ製品(せいひん)には、表面に溝(みぞ)を切って分割(ぶんかつ)して作り出す浜山技法(はまやまぎほう)とよばれる作り方が採用(さいよう)されています。ヒスイのほかには、滑石(かっせき)などが使われ、完成品や作る途中(とちゅう)のもの、砥石(といし)や鉄針(てつばり)などそれをつくる道具までみつかっており、古墳時代(こふんじだい)の玉つくりを考える上で貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

error: コンテンツは保護されています