全国こども考古学教室

島根県しまねけん
  • 遺跡数10923か所
  • 面 積6708㎢
よすみちゃん
島根県のマップ加茂岩倉遺跡ガイダンス荒神谷博物館ガイダンス山代の郷田和山館原田遺跡佐太講武貝塚田和山遺跡荒神谷遺跡加茂岩倉遺跡西谷墳墓群順庵原1号墳猪目洞窟遺跡大念寺古墳山代二子塚古墳平神社古墳周布古墳スクモ塚古墳荒島墳墓群松江市鹿島歴史民俗資料館島根県立古代出雲歴史博物館出雲弥生(いずもやよい)の森博物館八雲立つ風土記の丘展示資料館

島根県(しまねけん)は、中国地方の日本海側、山陰(さんいん)地方の西部にある県です。東西約180kmと長い海岸線が続き、昔の国の名前から、東部を出雲(いずも)地区、西部を石見(いわみ)地区とよんでいます。また、離島(りとう)の隠岐群島(おきぐんとう)を隠岐(おき)地区と呼び、3つの地域(ちいき)に分けることができます。大陸(たいりく)や北部九州と海でつながっているので、日本海交流が島根県(しまねけん)の歴史文化を形作っていくのに、大きな影響(えいきょう)を与えました。出雲(いずも)地区は、九州など西の方から日本海沿岸(にほんかいえんがん)を船(ふね)で東へ移動してくると、最初にぶつかる大きな島根半島(しまねはんとう)があり、古くから大陸や北部九州などの進んだ文化が伝わり、地域(ちいき)の文化にとけこんで、独特(どくとく)な文化をはぐくんできました。特に、島根半島(しまねはんとう)には中央に宍道湖(しんじこ)・中海(なかうみ)という大きな入海(いりうみ)があって、そこから山間部(さんかんぶ)まで川で通じる水運(すいうん)が発達(はったつ)し、弥生時代(やよいじだい)には、ぼう大な青銅器(せいどうき)を持ったり、山陰(さんいん)独特(どくとく)の墓(はか)が発達(はったつ)したりと、独自(どくじ)の歴史遺産(れきしいさん)が残されています。石見(いわみ)地区は、大きな平野は少ないものの、谷ごとにまとまりをもち、ゆるやかな地域性(ちいきせい)を作ってきました。隠岐(おき)は離島(りとう)ですので、航海(こうかい)の目印になったり、船(ふね)がたちよる港になったりすることで、さまざまな地域(ちいき)の文化が伝わってきて、独自(どくじ)の文化が発達(はったつ)しました。

うちのお宝 ベスト5

  • 銅剣、銅矛、銅鐸

    銅剣日本海(どうけん)・銅矛(どうほこ)、銅鐸(どうたく)荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)・加茂岩倉遺跡(かもいわくらいせき) 国宝

    荒神谷遺跡(こうじんだにいせき)からは358本の銅剣(どうけん)、16本の銅矛(どうほこ)、6個の銅鐸(どうたく)が、加茂岩倉遺跡(かもいわくらいせき)からは39個の銅鐸(どうたく)が出ています。一つの遺跡(いせき)の銅剣(どうけん)の数、銅鐸(どうたく)の数はそれぞれ日本一。その数には圧倒(あっとう)されます。銅鐸(どうたく)のトンボ、ウミガメ、人の顔など独特(どくとく)の模様(もよう)や、両方に遺跡(いせき)に共通する埋(う)める前につけられた「×」印にも注目です。

  • 三角縁神獣鏡

    三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)神原神社古墳(かんばらじんじゃこふん) 国指定重要文化財

    三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)とは、弥生時代前期(やよいじだいぜんき)の古墳(こふん)に副葬(ふくそう)された、日本列島(れっとう)に独特(どくとく)の銅鏡(どうきょう)です。中国で出土(しゅつど)する神獣鏡(しんじゅうきょう)と同じような模様(もよう)を持(も)ちますが、縁(ふち)が三角形にとがっているのが特徴(とくちょう)です。神原神社古墳(かんばらじんじゃこふん)から出た鏡(かがみ)には「景初(けいしょ)三年」の文字が刻(きざ)まれています。「景初(けいしょ)三年」は239年のことで、『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)に倭王(わおう)の卑弥呼(ひみこ)が中国・魏(ぎ)の皇帝(こうてい)から「銅鏡(どうきょう)百枚」を賜(たまわ)ったという年なので、卑弥呼(ひみこ)がもらった鏡(かがみ)とも言われます。ほかにたくさんの鉄製品(てつせいひん)などが出ています。

  • 形象埴輪(けいしょうはにわ)

    形象埴輪(けいしょうはにわ)平所遺跡(ひらどころいせき) 国指定重要文化財

    5世紀の終わりころの埴輪(はにわ)を焼いた(かま)から出てきた形象埴輪(けいしょうはにわ)で、人物、馬(うま)、家、鹿(しか)などの埴輪(はにわ)があります。いずれも、ほんものとよく似た姿(すがた)に作られています。特に、鹿形埴輪(しかがたはにわ)は、鹿(しか)がふり返っている様子が上手に作られていて、「見返(みかえ)りの鹿(しか)」と呼ばれています。柔らかな鹿(しか)の体の表現(ひょうげん)と、草を食べているような表情(ひょうじょう)のリアルさで、埴輪(はにわ)ファンに人気の作品です。

  • 銘文入り大刀

    銘文(めいぶん)入り大刀(たち)岡田山1号墳(おかだやま1ごうこふん) 国指定重要文化財

    古墳時代後期(こふんじだいこうき)、6世紀後半ころの岡田山1号墳(前方後方墳/全長24m)から出土(しゅつど)したもので、飾(かざ)り大刀(たち)や飾(かざ)り馬具(ばぐ)、銅鏡(どうきょう)、金で飾(かざ)った装飾品(そうしょくひん)、須恵器(すえき)などがあります。その中でも有名なのが、文字を刻(きざ)んだ刀です。「銘文入り鉄刀(めいぶんいりてっとう)」と呼ばれるもので、刀の本体部分に「額田部臣(ぬかたべのおみ)」をはじめとした11字が刻(きざ)まれています。額田部臣(ぬかたべのおみ)は、当時の豪族(ごうぞく)の名前で、当時のヤマト政権(せいけん)が地方の人々を支配する様子を研究するために貴重なものです。

  • 金銀装武器(きんぎんそうぶき)・馬具(ばぐ)ほか

    金銀装武器(きんぎんそうぶき)・馬具(ばぐ)ほか上塩冶築山古墳(かみえんやつきやまこふん) 国指定重要文化財

    出雲市(いずもし)にある6世紀後半に造られた上塩冶築山古墳(かみえんやつきやまこふん)から出てきたものです。特に横穴式石室(よこあなしきせきしつ)から出土(しゅつど)した、金で飾(かざ)られた冠(かんむり)やアクセサリー、飾(かざ)り大刀(たち)、鉄(てつ)の刀、鉄(てつ)の矢じりなどの武器(ぶき)類、金銀で装飾(そうしょく)された馬具(ばぐ)、玉などは当時の最高級(さいこうきゅう)の品々でした。この古墳(こふん)にほうむられた人は、出雲(いずも)西部を治めた「大豪族(だいごうぞく)」と考えられます。写真は、武具(ぶぐ)と馬具(ばぐ)の模型(もけい)をつけた馬上の大首長(だいしゅちょう)を復元(ふくげん)したものです。

error: コンテンツは保護されています