全国こども考古学教室

神奈川県かながわけん
  • 遺跡数7995か所
  • 面 積2416㎢
つりてくん
神奈川県のマップ大塚・歳勝土遺跡公園池子遺跡群資料館赤坂弥生学習室秦野市立桜土手古墳展示館神崎遺跡公園神崎遺跡資料館史跡勝坂遺跡公園川崎市市民ミュージアム横浜市三殿台考古館史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館(旧石器ハテナ館)田名向原遺跡夏島貝塚勝坂遺跡川尻遺跡大塚・歳勝土遺跡三殿台遺跡池子遺跡群赤坂遺跡神崎遺跡原口遺跡長柄桜山古墳群馬絹古墳秋葉山古墳群桜土手古墳群

神奈川県(かながわけん)には、旧石器時代(きゅうせっきじだい)から古墳時代(こふんじだい)の遺跡(いせき)が約7,500カ所と、全国的にみても多くあります。気候が温暖(おんだん)で、東京湾(とうきょうわん)と相模湾(さがみわん)、箱根(はこね)や丹沢(たんざわ)などの山々があり、食料が豊富(ほうふ)で住みやすい地域であったからです。旧石器時代(きゅうせっきじだい)では、南関東(みなみかんとう)地方でも古い石器(せっき)が、また全国的にいちばん古い建物の跡(あと)も発見されています。縄文時代(じょうもんじだい)は、遺跡(いせき)の数やその規模(きぼ)などから、人がたくさん集まっていた地域であったことがわかっています。弥生時代(やよいじだい)は、静岡県(しずおかけん)の西部や愛知県(あいちけん)の東部から、人々が移り住んできたことを示す土器(どき)などが出土している遺跡(いせき)もあります。古墳時代(こふんじだい)になると、3世紀後半から古墳(こふん)が作られはじめ、4世紀には相模川(さがみがわ)や鶴見川(つるみがわ)の流域に大型の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)が作られるようになり、大和(やまと)地方との深い関係をあらわす銅鏡(どうきょう)などの副葬品(ふくそうひん)が発見されています。6世紀にあたる古墳時代(こふんじだい)の後期(こうき)には小さな古墳がまとまっている群集墳(ぐんしゅうふん)がみられますが、神奈川県(かながわけん)には円墳(えんぷん)のほかに、岩をトンネルのようにほって作る横穴墓(おうけつぼ)が多くあります。

うちのお宝 ベスト5

  • くっついた石器(せっき)たち

    くっついた石器(せっき)たち吉岡遺跡(よしおかいせき)・用田鳥居前遺跡(ようだとりいまえいせき) 県指定重要文化財

    綾瀬市(あやせし)の吉岡遺跡(よしおかいせき)から出土した石器(せっき)と、約2㎞はなれた藤沢市(ふじさわし)の用田鳥居前遺跡(ようだとりいまえいせき)の石器(せっき)が、なんと、くっついた!つまり、この2つの石器(せっき)は、同じ石を割(わ)ってできた石のカケラで作られたものだった、ということです。全国的にも、めずらしい貴重(きちょう)な発見です。この発見により、旧石器時代後期(きゅうせっきじだいこうき)の人々の移動生活(どうせいかつ)の様子が見えてきました。

  • 弥生土器(やよいどき)

    弥生土器(やよいどき)神崎遺跡(かんざきいせき) 県指定重要文化財

    神崎遺跡(かんざきいせき)から出土(しゅつど)した、弥生時代後期(やよいじだいこうき)の土器(どき)です。出土(しゅつど)した土器(どき)のほとんどは、愛知県(あいちけん)東部や静岡県(しずおかけん)西部あたりの土器(どき)と同じ形やもようで作られています。土器をつくった粘土(ねんど)を調べてみたら、遺跡(いせき)のちかくでとれる粘土(ねんど)だったので、東海(とうかい)地方から移住(いじゅう)してきた人々がこの遺跡(いせき)へ移り住んでからつくった土器(どき)であると考えられます。

  • 鉄の道具

    鉄の道具砂田台遺跡(すなだだいいせき) 県指定重要文化財

    秦野市(はだのし)の砂田台遺跡(すなだいせき)からは、弥生時代中期(やよいじだいちゅうき)の鉄(てつ)の工具(こうぐ)や磨製石斧(ませいせきふ)などが出土(しゅつど)しています。鉄(てつ)の工具(こうぐ)には小形の鉄斧(てっぷ)、ノミ、刀子(とうす)などがあります。また、これらの鉄(てつ)の道具をといだと考えられている砥石(といし)も、同じ建物跡(たてものあと)から出土しています。当時の人々の生活を考える上で大変重要な資料(しりょう)です。

  • 家の形をした土器

    家の形をした土器子ノ神遺跡(ねのかみいせき) 厚木市指定重要文化財

    厚木市(あつぎし)の子ノ神遺跡(ねのかみいせき)の弥生時代(やよいじだい)の住居(たて穴建物)の跡(あと)から出土(しゅつど)した家形土器(いえがたどき)です。家の形は、切妻造(きりづまづくり)で脚(あし)が付いていて、屋根はゴンドラ形の舟のような、めずらしい形になっています。これと似ている土器(どき)は、浜松市(はままつし)の鳥居松遺跡(とりいまついせき)などでも出土していて、当時の東海(とうかい)地方との関係を考えることができる、大変貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

  • 武人(ぶじん)の埴輪(はにわ)

    武人(ぶじん)の埴輪(はにわ)蓼原古墳(たではらこふん) 横須賀市指定重要文化財

    古墳時代後期(こふんじだいこうき)、6世紀中頃に作られた帆立貝形古墳(ほたてかいがたこふん)の蓼原古墳(たではらこふん)で発見された埴輪(はにわ)です。この男子の埴輪(はにわ)はイスにすわり、琴(こと)をひく様子を表しています。琴(こと)をひく様子を表した埴輪(はにわ)は全国で30ほどありますが、全体の形がわかっているのは10個もないことから、この埴輪(はにわ)は大変貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

error: コンテンツは保護されています