全国こども考古学教室

栃木県とちぎけん
  • 遺跡数8350か所
  • 面 積6408㎢
みーたん
栃木県のマップしもつけ風土記の丘資料館摩利支天塚・琵琶塚古墳資料館小山市立博物館寺野東遺跡ガイダンス施設「おやま縄文祭りの広場」栃木市藤岡歴史民俗資料館佐野市郷土博物館足利市郷土資料展示室大日尊 鑁阿寺栃木市立おおひら歴史民俗資料館・郷土資料館壬生町立歴史民俗資料館栃木県埋蔵文化財センター栃木県立博物館宇都宮市城址公園内 清明館飛山城史跡公園 とびやま歴史体験館うつのみや遺跡の広場大谷寺宝物館大田原市なす風土記の丘資料館 湯津上館矢板市郷土資料館高原山黒曜石原産地遺跡群上林遺跡大谷寺洞穴篠山貝塚根古谷台遺跡寺野東遺跡出流原遺跡三王遺跡(さんのういせき)・三王山南塚1・2号墳侍塚古墳笹塚古墳摩利支天塚・琵琶塚古墳足利公園古墳群車塚・牛塚古墳長岡百穴古墳

栃木県(とちぎけん)は、関東平野(かんとうへいや)の一番北にある内陸(ないりく)の県なので、残念ながら海はありません。お隣(となり)の群馬県(ぐんまけん)や福島県(ふくしまけん)とせっする部分は、大部分が山地で、ここを水源(すいげん)とする鬼怒(きぬ)川・那珂(なか)川・渡良瀬(わたらせ)川の三大河川(かせん)が作りだす平野は、県全体の面積の半分くらいです。遺跡(いせき)も、ほぼこの平らなところにかぎられますので、遺跡(いせき)の数は少なくなります。東日本の各県からは、いろいろな縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡(いせき)や遺物(いぶつ)が発見(はっけん)されているので、縄文文化(じょうもんぶんか)が華(はな)やかに発展(はってん)したと思われます。
このことを示すように、栃木県(とちぎけん)にも国の史跡に指定された根古谷台遺跡(ねごやだいいせき)や寺野東遺跡(てらのひがしいせき)があります。

うちのお宝 ベスト5

  • 玦状耳飾(けつじょうみみかざり)

    玦状耳飾り(けつじょうみみかざり)根古谷台遺跡(ねごやだいいせき) 国指定重要文化財

    根古谷台遺跡(ねごやだいいせき)は、いくつもの大きな建物がドーナツ状にならぶ縄文時代前期(じょうもんじだいぜんき)のムラの跡(あと)で、その中央広場からは300をこえる墓壙(ぼこう)が発見されました。その中のいくつかからは、石で作った玦状耳飾り(けつじょうみみかざり)が2つで1組のペアになって出土(しゅつど)しました。また、別の墓でも、石で作った丸玉やくだ玉が出土(しゅつど)しているので、アクセサリーをつけたままで埋葬(まいそう)されたことを示しています。中でも直径60mmをこえる玦状耳飾り(けつじょうみみかざり)は、まずその大きさにおどろかされます。さらに、材料となる石の選び方や高度な技術(ぎじゅつ)をつかった作り方などは、ほかに例のない、すぐれた品であると言えます。

  • イヌ形土製品(いぬがたどせいひん)

    イヌ形土製品(いぬがたどせいひん)藤岡神社遺跡(ふじおかじんじゃいせき) 国指定重要文化財

    藤岡神社遺跡(ふじおかじんじゃいせき)で出土(しゅつど)したイヌ形土製品(いぬがたどせいひん)は、縄文時代後期(じょうもんじだいこうき)のもので、全長16.3cm、高さ7.7cmの大きさは国内最大級(さいだいきゅう)です。大きく口を開け、前足をふんばったようすは躍動感(やくどうかん)に満ちあふれ、今にも獲物(えもの)に飛びかかる「狩(か)り」を表現したものでしょう。お腹には「×」印によって「おへそ」が描(えが)かれ、われわれ現代人とまったく同じ縄文人(じょうもんじん)の感じ方に驚(おどろ)かされます。遺跡(いせき)からは、埋葬(まいそう)された犬の頭の骨(ほね)が出土(しゅつど)していますので、これが土製品(どせいひん)のモデルなのでしょう。2018年10月に、フランスのパリで開かれた「ジャポニズム2018特別展」で展示(てんじ)されました。

  • 人面付土器(じんめんつきどき)

    人面付土器(じんめんつきどき)大塚古墳群内遺跡(おおつかこふんぐんないいせき)

    大塚古墳群内遺跡(おおつかこふんぐんないいせき)では、弥生時代中期(やよいじだいちゅうき)の墓壙(ぼこう)がまとまって発見され、その中でいちばん大きい墓壙(ぼこう)から人面付土器(じんめんつきどき)が出土(しゅつど)しました。その大きさは高さ13.7cmで、頭のてっぺんが容器(ようき)の口になっています。首の下には胴(どう)があったと思われますが、失われています。人面(じんめん)は、とても写実的(しゃじつてき)で、眉・鼻・耳そして顎(あご)の表現は、粘土(ねんど)をはり付けて、立体的(りったいてき)に作っています。表情を大きく印象(いんしょう)づける目は、太い一本の線で描(えが)かれていますが、これは「眠り」あるいは「死」とも考えられます。弥生時代中頃(やよいじだいなかごろ)の東日本では、白骨化(はっこつか)した骨(ほね)を遺骨(いこつ)として(つぼ)などに入れて埋納(まいそう)する、再葬墓(さいそうぼ)が多くみられます。もともとこの人面土器(じんめんどき)も、その利用のために作られた容器(ようき)と考えられます。

  • 銀装円頭大刀(ぎんそうえんとうたち)

    銀装円頭大刀(ぎんそうえんとうたち)別処山古墳(べっしょやまこふん) 県指定有形文化財

    1985年に調査(ちょうさ)された全長37mの前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)から、長さ97.2cm、重さ706gのきらびやかな大刀(たち)が1本出土(しゅつど)しました。大刀(たち)は、銀板(ぎんばん)や銀線(ぎんせん)をつかって美しい模様(もよう)で飾(かざ)り、手で持つところに鈴(すず)をいれるなど、すぐれたデザインと高い技術(ぎじゅつ)で作られています。そのデザインや技術(ぎじゅつ)には、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)的な特徴(とくちょう)もみられます。同じような大刀(たち)は、奈良県(ならけん)の藤ノ木古墳(ふじのきこふん)にしかありません。この別処山古墳(べっしょやまこふん)に葬(ほうむ)られた人は、この地域(ちいき)の有力者(ゆうりょくしゃ)であっただけでなく、ヤマト政権(せいけん)とも関係をもつ、重要な人物であったと考えられます。

  • 舟形木棺(ふながたもっかん)

    舟形木棺(ふながたもっかん)下野七廻り鏡塚古墳(しもつけななまわりかがみづかこふん) 国指定重要文化財

    1969年、住宅地を作っていたブルドーザーが古墳(こふん)(直径30mの円墳か)を壊(こわ)した時、全長5.49m、幅(はば)1.08mの国内最大級(さいだいきゅう)の舟形木棺(ふながたもっかん)がみつかりました。舟形木棺(ふながたもっかん)やその内部の副葬品(ふくそうひん)は、湧水(わきみず)を大量にふくむ土のなかで、ほぼ1,500年前の状態がたもたれていました。木棺(もっかん)は、直径1.2m以上のヒノキを半分に割(わ)り、その内側をくりぬいて作っています。舟形木棺(ふながたもっかん)の全体の形がわかった貴重(きちょう)な例です。また、副葬品(ふくそうひん)の三輪玉(みわだま)がついた大刀(たち)、黒い(うるし)を塗(ぬ)った弓(ゆみ)、(ほこ)、矢柄(やがら)が付いた鉄鏃(てつぞく)なども、当時のすがたをよく残しており、古墳文化(こふんぶんか)を研究(けんきゅう)する上でなくてはならない資料(しりょう)です。

error: コンテンツは保護されています