全国こども考古学教室

滋賀県しがけん
  • 遺跡数4635か所
  • 面 積4017㎢
ドウタクくん
滋賀県のマップ高島歴史民俗資料館東近江市埋蔵文化財センター滋賀県立安土城考古博物館野洲市歴史民俗博物館(銅鐸博物館)滋賀県埋蔵文化財センター大津市歴史博物館大津市埋蔵文化財調査センター滋賀県立琵琶湖博物館下之郷史跡公園守山市埋蔵文化財センター米原市近江はにわ館蛍谷遺跡粟津湖底遺跡石山貝塚滋賀里遺跡大中の湖南遺跡下之郷遺跡伊勢遺跡雪野山古墳安土瓢箪山古墳荒神山古墳古保利古墳群鴨稲荷山古墳山津照神社古墳大岩山古墳群

滋賀県(しがけん)は、日本列島(れっとう)のほぼ真ん中にあり、周囲(しゅうい)を山にかこまれた盆地(ぼんち)で、その中央に日本最大の湖である琵琶湖(びわこ)があります。滋賀県(しがけん)は、江戸時代(えどじだい)までは近江国(おうみのくに)と呼ばれ、「淡海国」(おうみのくに)とも書かれたように、湖の国です。琵琶湖(びわこ)や比良山(ひらさん)、伊吹山(いぶきやま)などの水や森に恵まれた自然環境(しぜんかんきょう)は、人々に多くの自然の恵(めぐ)みを与えてきました。縄文時代(じょうもんじだい)には、相谷熊原遺跡(あいだにくまはらいせき)で住居(じゅうきょ)の跡(あと)や日本最古級(さいこきゅう)の土偶(どぐう)、粟津湖底遺跡(あわづこていいせき)では貝塚(かいづか)がみつかり、生活の跡(あと)が明らかになってきています。弥生時代(やよいじだい)には米づくりも伝わり、下之郷遺跡(しものごういせき)のような、まわりを(ほり)でかこんだ環濠集落(かんごうしゅうらく)も登場(とうじょう)し、大岩山遺跡(おおいわやまいせき)では日本最大の銅鐸(どうたく)がみつかるなど、地域全体の祭りも行われるようになります。古墳時代(こふんじだい)になると、山津照神社古墳(やまつてるじんじゃこふん)や古保利古墳群(こほりこふんぐん)など、琵琶湖(びわこ)と東日本、北陸(ほくりく)などとつながる所に古墳(こふん)がつくられます。

うちのお宝 ベスト5

  • 土偶(どぐう)

    土偶(どぐう)相谷熊原遺跡(あいだにくまはらいせき)県指定文化財

    相谷熊原遺跡(あいだにくまはらいせき)の発掘調査(はっくつちょうさ)では、縄文時代(じょうもんじだい)の草創期(そうそうき)の住居(たて穴建物)の跡(あと)が発見され、そこから土偶(どぐう)が1点、完全な形のまま出土(しゅつど)しました。高さは約3㎝で、乳房(ちぶさ)と腰部のくびれがはっきりと表現されています。土偶(どぐう)は国内最古級(さいこきゅう)のものと考えられ、出現期の土偶(どぐう)のあり方を考えるうえで貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

  • かわった形の短剣(たんけん)の鋳型(いがた)

    かわった形の短剣(たんけん)の鋳型(いがた)上御殿遺跡(かみごてんいせき)県指定文化財

    上御殿遺跡(かみごてんいせき)で、いままで日本でみつかったことのない、変わった形の短剣(たんけん)の鋳型(いがた)が発見されました。鋳型(いがた)は、上下2つのパーツが向きあうような状態で出土(しゅつど)しました。上下ともに長さ29.5㎝、幅(はば)8.8㎝の大きさです。鋳型(いがた)に刻(きざ)まれた短剣(たんけん)の形は、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)から北部九州に伝わった弥生時代(やよいじだい)の銅剣(どうけん)とは違うことから、その由来(ゆらい)が研究課題(けんきゅうかだい)となっています。

  • 大岩山銅鐸(おおいわやまどうたく)

    大岩山銅鐸(おおいわやまどうたく)大岩山遺跡(おおいわやまいせき) 国指定重要文化財

    大岩山遺跡(おおいわやまいせき)は、三上山(みかみやま)から続く大岩山山麓(おおいわやまさんろく)に位置します。1883(明治16)年に14個の銅鐸(どうたく)が発見されました。この中には日本最大の銅鐸(どうたく)も含まれています。その後、1962年に、少し離れた地点から10個の銅鐸(どうたく)が新たに発見されました。銅鐸(どうたく)は、発見時の記録や付着(ふちゃく)したサビの様子から大中小3個の銅鐸(どうたく)を入れ子にして埋められていたようです。いずれの銅鐸(どうたく)も弥生時代後期(やよいじだいこうき)のものです。

  • 馬具(ばぐ)

    馬具(ばぐ)新開1号墳(しんがいいちごうふん) 国指定重要文化財

    新開1号墳(しんがいいちごうふん)からは馬具(ばぐ)のセットが出土(しゅつど)しています。これらは古墳(こふん)で出土(しゅつど)した馬具(ばぐ)としては初期のもので、その多くは、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)あるいは、中国大陸(ちゅうごくたいりく)からの輸入品(ゆにゅうひん)と考えられています。このことは、新開2号墳(しんがい2ごうふん)から出土(しゅつど)した鉄の延(の)べ板や、新開4号墳(しんがい4ごうふん)から出土(しゅつど)した船形埴輪(ふながたはにわ)と合わせて、この古墳群(こふんぐん)に葬(ほうむ)られた人たちが、交易(こうえき)を通して、広く海外までつながっていたことを示しています。

  • 形象埴輪群(けいしょうはにわぐん)

    形象埴輪群(けいしょうはにわぐん)供養塚古墳(くようづかこふん) 県指定文化財

    供養塚古墳(くようづかこふん)は5世紀後半につくられた、全長52mの帆立貝形古墳(ほたてがいがたこふん)です。人物埴輪(じんぶつはにわ)をはじめとする形象埴輪群(けいしょうはにわぐん)は、墳丘(ふんきゅう)の造出し(つくりだし)の対面にある堤の上に集中して置かれていたと考えられています。出土(しゅつど)した埴輪(はにわ)の中には、男性の半身像の人物埴輪(じんぶつはにわ)、小型の切妻式(きりづましき)の家形埴輪(いえがたはにわ)、馬形埴輪(うまがたはにわ)の頭部、蓋形埴輪(きぬがさがたはにわ)などがあります。滋賀県(しがけん)内の5世紀後半の埴輪(はにわ)の様子や意味、古墳(こふん)でのお祭りを考える上で、もっとも良い資料と考えられます。

error: コンテンツは保護されています