全国こども考古学教室

福岡県ふくおかけん
  • 遺跡数23758か所
  • 面 積4987㎢
かずがくん、あすかちゃん
福岡県のマップ宗原遺跡山鹿貝塚板付遺跡須玖岡本遺跡三雲南小路遺跡平塚川添遺跡田熊石畑遺跡平原遺跡老司古墳岩戸山古墳王塚古墳船原古墳津屋崎古墳群宮地嶽古墳筑紫野市歴史博物館芦屋歴史の里(歴史資料館)板付遺跡弥生館春日市奴国の丘歴史資料館岩戸山歴史文化交流館王塚装飾古墳館古賀市歴史資料館カメリアステージ歴史資料館九州国立博物館伊都国歴史博物館甘木歴史資料館海の道・むなかた館福岡市埋蔵文化財センター

地図帳(ちずちょう)を開いて、日本地図を見てください。日本列島(れっとう)の西南(せいなん)の端(はし)に九州は位置(いち)し、その北部に福岡県(ふくおかけん)はあります。次に、東アジアの地図を上下さかさまにして見てください。日本列島(れっとう)が意外とアジア大陸に近いことや、九州北部と朝鮮半島(ちょうせんはんとう)がとても近いことに気づくでしょう。縄文時代(じょうもんじだい)の終わりごろに、外海(そとうみ)の荒波(あらなみ)にたえられる船(ふね)が作られるようになります。朝鮮半島(ちょうせんはんとう)の人々が、対馬(つしま)・壱岐(いき)を通って玄界灘(げんかいなだ)沿岸にやって来ました。道具や最新の技術(ぎじゅつ)などを持ちこみ、これを伝えました。そのため、大陸の新しい技術(ぎじゅつ)や文化は、まずは福岡県(ふくおかけん)をふくむ九州北部に根を下ろし、ここから日本列島(れっとう)の各地へと伝えられたのです。米づくりも板付遺跡(いたづけいせき)などの九州北部で最初に行われ、それがのちに全国へと伝わったのです。さらには、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)や中国大陸の国と直接交流(こうりゅう)するようになり、貴重(きちょう)な品物をもらうようになりました。福岡市(ふくおかし)の志賀島(しかのしま)で出土(しゅつど)した金印(きんいん)、須玖岡本遺跡(すくおかもといせき)などで出土(しゅつど)した中国の銅鏡(どうきょう)などの宝物からわかります。このように福岡県(ふくおかけん)の遺跡(いせき)は、大陸との交流(こうりゅう)に関係する遺跡(いせき)が多いことが大きな特徴(とくちょう)です。

うちのお宝 ベスト5

  • 金印(きんいん)

    金印(きんいん)志賀島(しかのしま) 国宝

    江戸時代(えどじだい)に福岡市(ふくおかし)の志賀島(しかのしま)で、農作業(のうさぎょう)中に発見(はっけん)されました。金印(きんいん)の特色(とくしょく)は、純金(じゅんきん)・5つの文字・ヘビのつまみ・実は小さい、の4つです。文字は「漢委奴国王」で、「かんのわのなのこくおう」と読(よ)むとされています。中国の後漢(ごかん)の時代に皇帝(こうてい)からもらったものです。さて、金印の文字は、現代のハンコとは逆に彫(ほ)りこまれています。粘土(ねんど)に押し当てて、文字のカタチを浮き出させました。

  • 前漢の鏡(ぜんかんきょう)

    前漢鏡(ぜんかんきょう)立岩堀田遺跡(たていわほったいせき) 国宝

    立岩堀田遺跡(たていわほったいせき)という弥生時代(やよいじだい)の甕棺墓(かめかんぼ)から出土しました。遠賀川(おんががわ)流域の首長墓(しゅちょうぼ)と考えられています。現在の鏡(かがみ)は、ガラスの片面に銀(ぎん)の膜(まく)がありますが、古代(こだい)の鏡(かがみ)はおもに銅(どう)などの金属(きんぞく)で作られています。そのため、あまりきれいには映(うつ)らなかったようです。ただし、鏡(かがみ)を作るのは、高度な技術(ぎじゅつ)が必要でした。質(しつ)の良い鏡(かがみ)は、当時の中国で作られたものを入手(にゅうしゅ)するしかなかったので、一部の有力者(ゆうりょくしゃ)の宝となりました。この銅鏡(どうきょう)は、中国の前漢時代(ぜんかんじだい)に作られました。銅鏡(どうきょう)の裏(うら)には模様(もよう)があり、長生きを願(ねが)う言葉や花模様(はなもよう)が刻(きざ)まれています。

  • 超大型(ちょうおおがた)の銅鏡(おおがたないこうかもんきょう)

    超大型(ちょうおおがた)の銅鏡(どうきょう)平原遺跡(ひらばるいせき) 国指定重要文化財

    平原遺跡(ひらばるいせき)という弥生時代(やよいじだい)の終わりごろの伊都国(いとこく)の王とみられる墓から出土した銅鏡(どうきょう)です。この墓(はか)からは同じタイプの銅鏡(どうきょう)が5枚もみつかっています。その大きさは直径46.5cm、約8㎏の重さがあり、日本列島(れっとう)で最大の鏡(かがみ)です。まるでマンホールのフタのようですね。裏(うら)には花びらのような模様(もよう)がデザインされています。いろいろと調べた結果、この大きな銅鏡(どうきょう)は日本で作られた本格的な銅鏡(どうきょう)だと考えられています。

  • 金ピカの飾(かざ)りのついた大刀(たち)

    金ピカの飾(かざ)りのついた大刀(たち)宮地嶽古墳(みやじだけこふん) 国宝

    アイドルグループ嵐(あらし)のコマーシャルや女優(じょゆう)広瀬アリスさんの映画(えいが)「巫女(みこ)っちゃけん」の舞台(ぶたい)となった福津市(ふくつし)の宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)。その裏手(うらて)にあるのが宮地嶽古墳(みやじだけこふん)です。全長23mの横穴式石室(よこあなしきせきしつ)は、巨大な石を組み合わせて作られており、全国で2番目に大きい石室(せきしつ)です。出土(しゅつど)した副葬品(ふくそうひん)も豪華(ごうか)けんらん。教科書にも登場(とうじょう)しますが、当時は金ぴかの冠(かんむり)に、金ぴかの馬具(ばぐ)。さらには金銅装頭椎大刀(こんどうそうかぶつちのたち)と呼(よ)ぶ、長さ3.2mもある金ピカの飾(かざ)りのついた大刀(たち)は、すばらしいものです。なぜこのような大きい刀を作ったのかナゾです。

  • 石人石馬(せきじんせきば)

    石人石馬(せきじんせきば)岩戸山古墳(いわとやまこふん) 国指定重要文化財

    古墳(こふん)に並べられた人物や馬などをかたどった埴輪(はにわ)は知っているでしょう。埴輪(はにわ)は土を焼いて作ります。これに対して、福岡県(ふくおかけん)を中心とする地域の一部の古墳(こふん)には、石の埴輪(はにわ)を並べているのです。石人石馬(せきじんせきば)といいます。とても大きくて迫力(はくりょく)があるのですが、どこかかわいげもあり、きっと心惹(ひ)かれると思います。有名なものは、八女市(やめし)の岩戸山古墳(いわとやまこふん)の石人石馬(せきじんせきば)があります。筑紫君磐井(つくしのきみいわい)というヤマト政権(せいけん)にさからった大豪族(だいごうぞく)の墓(はか)といわれています。その多くは、なぜか古代(こだい)に一部を壊(こわ)されていました。

error: コンテンツは保護されています