全国こども考古学教室

宮崎県みやざきけん
  • 遺跡数6603か所
  • 面 積7735㎢
ニニギくん、コノハナちゃん
宮崎県のマップ後牟田遺跡赤木遺跡清武上猪原遺跡坂元A遺跡都城歴史資料館下那珂遺跡尾花A遺跡宮崎県埋蔵文化財センター本野原遺跡陣内遺跡高千穂町歴史民俗資料館生目古墳群生目の杜遊古館西都原古墳群宮崎県立西都原考古博物館新田原古墳群新富町総合交流センター「きらり」島内地下式横穴墓群えびの市歴史民俗資料館蓮ヶ池横穴群上薗遺跡

宮崎県(みやざきけん)は九州の南東部に位置し、面積は7735.31平方㎞です。南北に長く、東は太平洋(たいへいよう)に面する長い海岸線をもち、西半部は一部が九州山地に属(ぞく)する山間部(さんかんぶ)で、県の面積の76%を占めています。気候(きこう)は年間を通して温暖(おんだん)で、日照(にっしょう)時間、降水量(こうすいりょう)とも日本の上位にあります。豊かな自然に恵まれた宮崎県(みやざきけん)には、旧石器時代(きゅうせっきじだい)から近世・近代まで各時代の遺跡(いせき)が6600ヶ所以上で確認されています。時代別でもっとも多いのは縄文時代(じょうもんじだい)の約2000ヶ所、次に弥生時代(やよいじだい)の約1800ヶ所、中世(ちゅうせい)の1730ヶ所、古墳時代(こふんじだい)の1200ヶ所と続きます。
その中でもっとも特徴(とくちょう)的なのは古墳時代(こふんじだい)です。古墳時代(こふんじだい)の前期(ぜんき)では、九州最大の生目3号墳(いきめさんごうふん)、古墳時代(こふんじだい)を通じて九州で最大の男狭穂塚古墳(おさほづかこふん)・女狭穂塚古墳(めさほづかこふん)をはじめ、約2000基(き)の古墳(こふん)が存在します。全国的に分布(ぶんぷ)する前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)や円墳(えんぷん)、方墳(ほうふん)などの墳丘(ふんきゅう)をもつ古墳(こふん)に加え、宮崎市(みやざきし)が分布(ぶんぷ)の南限(なんげん)となる横穴墓(よこあなぼ)、そして南九州だけに存在する独特(どくとく)の地下式横穴墓(ちかしきよこあなぼ)が混在(こんざい)しています。

うちのお宝 ベスト5

  • 金銅製(こんどうせい)の馬具(ばぐ)

    金銅製(こんどうせい)の馬具(ばぐ)百塚原古墳群(ひゃくつかばるこふんぐん) 国宝

    宮崎県(みやざきけん)の遺跡(いせき)からの出土品(しゅつどひん)で、たった一つ国宝に指定されています。6世紀前半、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)の新羅(しらぎ)の職人(しょくにん)によって作られたと考えられます。金銅製(こんどうせい)の透かし彫り(すかしぼり)と無地(むじ)の2セットがあります。透かし彫り(すかしぼり)のセットは、馬に乗るために馬につける道具がすべてそろっています。この馬具は、1907(明治40)年前後に、地元の農民(のうみん)がほり出し、その後いろいろな人の手にわたり、現在は東京の五島美術館(ごとうびじゅつかん)にあります。

  • 埴輪(はにわ)の子持家(こもちいえ) 船(ふね)

    埴輪(はにわ)の子持家(こもちいえ)と船(ふね)西都原古墳群(さいとばるこふんぐん) 国指定重要文化財

    男狭穂塚(おさほづか)・女狭穂塚(めさほづか)の陪塚(ばいづか)である170号墳から出土(しゅつど)したものです。子持家(こもちいえ)の埴輪(はにわ)は、大きな家に小さな家がついています。船(ふね)の埴輪(はにわ)は、船(ふね)の前後に大きくそりあがった飾(かざ)り板がつき、大きな海でも航海(こうかい)ができる船です。これらの埴輪は、1912(大正元)年から行われた発掘調査で出土(しゅつど)しました。

  • 龍をえがいた大刀

    龍(りゅう)をえがいた大刀(たち)島内地下式横穴墓群(しまうちちかしきよこあなぼぐん) 国指定重要文化財

    島内地下式横穴墓群(しまうちちかしきよこあなぼぐん)の114号墓(ごうぼ)から出土(しゅつど)したもので、刀の右側と左側にそれぞれ竜(りゅう)の絵と、お日さまマークのような絵が銀で象嵌(ぞうがん)されています。6世紀の大刀(たち)に竜(りゅう)の絵の象嵌(ぞうがん)があるのは、奈良県(ならけん)にある新沢千塚327号墳(にいざわせんづか327ごうふん)と吉備塚古墳(きびづかこふん)で出土(しゅつど)したものと合わせて3例しかない、めずらしいものです。この刀(かたな)を手にいれた人物は、ヤマト政権(せいけん)との強いつながりがあったと考えられています。

  • いろいろな埴輪たち

    いろいろな埴輪(はにわ)たち百足塚古墳(むかでづかこふん)

    宮崎県(みやざきけん)は、古墳(こふん)が多いので、埴輪(はにわ)も多いというイメージがあり、人物埴輪(じんぶつはにわ)が企業(きぎょう)のキャラクターやマスコットなどのデザインに使われたりしています。しかし実際には、人物や動物などの形象埴輪(けいしょうはにわ)がまとまって出土(しゅつど)しているのは、国史跡(くにしせき)である新田原古墳群(にゅうたばるこふんぐん)の百足塚古墳(むかでづかこふん)だけです。発掘調査(はっくつちょうさ)で出土(しゅつど)した埴輪群(はにわぐん)は、巫女(みこ)や力士(りきし)をふくむ人物(じんぶつ)、シカ、ウマ、イヌ、ニワトリ、イノシシ、家、柵形(さくがた)、太鼓形(たいこがた)など、いろいろなものの埴輪(はにわ)がありました。これらの埴輪(はにわ)の種類と組みあわせが、大阪府の今城塚古墳(いましろづか)とも共通していることが、注目を集めています。

  • 土偶(どぐう)

    土偶(どぐう)陣内遺跡(じんないいせき)

    南九州では、土偶(どぐう)はわずか2例しか知られていません。農業が始められるより前の縄文時代(じょうもんじだい)に作られた土偶(どぐう)は、妊娠(にんしん)した女性をかたどったものが多く、新たな命や自然の恵みを得ることを祈ったものと考えられます。南九州で土偶(どぐう)の出土(しゅつど)が少ないのは、温暖(おんだん)な気候がもたらす豊かな恵みのため、土偶(どぐう)の祭りを必要としなかったからかもしれません。陣内遺跡(じんないいせき)の土偶(どぐう)は、頭と右手の一部、両足の先端(せんたん)が欠(か)けていますが、胸やお腹のふくらみから、妊娠(にんしん)した女性をあらわしたものと思われます。

error: コンテンツは保護されています