全国こども考古学教室

長崎県ながさきけん
  • 遺跡数3777か所
  • 面 積4131㎢
人面石くん
長崎県のマップ百花台遺跡群雲仙市国見展示館泉福寺洞窟島瀬美術センター鷹島海底遺跡松浦市立埋蔵文化財センター佐賀貝塚対馬市峰町歴史民俗資料館宮下貝塚原山支石墓群里田原遺跡平戸市里田原歴史民俗資料館原の辻遺跡壱岐市一支国博物館富の原遺跡守山大塚古墳双六古墳曲崎古墳群矢立山古墳群福井洞窟

長崎県(ながさきけん)は、日本の最も西側にある県で、971の島があり、島の数は全国で第1位です。そのため、陸地(りくち)はそれほど広くありませんが、海岸線の長さは北海道(ほっかいどう)に続く第2位で、海との関係が非常(ひじょう)に深い地域(ちいき)といえます。また、山が多く平野(へいや)が少ないため、大きな集落(しゅうらく)のある地域(ちいき)はわずかしかありません。ただ、古くから中国や朝鮮半島(ちょうせんはんとう)と日本を結ぶルートとして重要(じゅうよう)な場所であり、その中間にあった対馬(つしま)・壱岐(いき)では、大陸(たいりく)から運ばれた土器(どき)や青銅器(せいどうき)、鉄器(てっき)などが多数出土(しゅつど)しています。
県の北部では、旧石器時代(きゅうせっきじだい)に人々がくらしていた跡(あと)が数多くみつかっており、洞窟(どうくつ)を住まいとして利用(りよう)した遺跡(いせき)がたくさんあります。また、県の西部にある五島列島(ごとうれっとう)では、九州南部や南西諸島(なんせいしょとう)とのつながりがある墓(はか)やアクセサリーがみつかっています。県の南部の島原半島(しまばらはんとう)で出土(しゅつど)する土器(どき)は、熊本(くまもと)の土器(どき)と似ているところがあり、有明海(ありあけかい)をはさんだ交流(こうりゅう)があったことがわかります。このように、長崎県(ながさきけん)は、いろいろな地域(ちいき)との交流(こうりゅう)によって、独自(どくじ)の文化が作られてきたところといえます。

うちのお宝 ベスト5

  • 人面石(じんめんせき)

    人面石(じんめんせき)原の辻遺跡(はるのつじいせき) 国指定重要文化財

    原の辻遺跡(はるのつじいせき)の人面石(じんめんせき)は、弥生時代終末期(やよいじだいしゅうまつき)の環濠(かんごう)の中から出土(しゅつど)しました。長さは約10cm、幅(はば)は約7cmで、だ円形の形をしています。やわらかい凝灰岩(ぎょうかいがん)を人の顔の形に加工(かこう)し、口は貫通(かんつう)させ、目は大きくほりこんだ穴(あな)で表現しています。お祭りの時に使ったものであると考えられています。

  • わが国最古級の土器(どき)

    わが国最古級の土器(どき)泉福寺洞窟(せんぷくじどうくつ) 国指定重要文化財

    泉福寺洞窟(せんぷくじどうくつ)から出土した縄文土器(じょうもんどき)で、発見された当時は日本最古(さいこ)といわれていました。復元(ふくげん)した形からみると、高さは約24cm、最大径(さいだいけい)約17cmの大きさで、口の部分と胴部(どうぶ)に1cmほどの豆粒文(とうりゅうもん)というもようがつけられています。細石器(さいせっき)という旧石器時代(きゅうせっきじだい)の道具が一緒(いっしょ)にみつかり、当時は旧石器時代(きゅうせっきじだい)における土器(どき)の出現(しゅつげん)として注目されました。

  • 亀(かめ)の形のかざり金具(かなぐ)

    亀(かめ)の形のかざり金具(かなぐ)笹塚古墳(ささづかこふん) 国指定重要文化財

    横穴式石室(よこあなしきせきしつ)の前室(ぜんしつ)から、金銅製馬具類(こんどうせいばぐるい)とともに出土(しゅつど)した、亀(かめ)の形をしたかざり金具(かなぐ)です。長さは7.6cm、幅(はば)4.1cmで、甲羅(こうら)や手足には細かい細工(さいく)がされています。笹塚古墳(ささづかこふん)は、6~7世紀の円墳(えんぷん)で、3つの部屋がある大きな横穴式石室(よこあなしきせきしつ)をもちます。大陸(たいりく)と日本を結ぶ重要な場所である壱岐(いき)を治めていた首長墓(しゅちょうぼ)の1つと考えられており、亀の形のかざり金具(かなぐ)は、その証拠(しょうこ)の1つとなっています。

  • 広形銅矛(ひろがたどうほこ)

    広形銅矛(ひろがたどうほこ)塔の首遺跡(とうのくびいせき)

    塔の首遺跡(とうのくびいせき)は、弥生時代後期(やよいじだいこうき)の箱式石棺墓(はこしきせっかんぼ)群であり、3号石棺墓(せっかんぼ)から広形銅矛(ひろがたどうほこ)2点が、銅釧(どうくしろ)、くだ玉、ガラス製(せい)小玉(こだま)等とともに出土(しゅつど)しました。広形銅矛(ひろがたどうほこ)は、対馬(つしま)島内で約120本が確認(かくにん)されています。そのうち副葬品(ふくそうひん)として出土(しゅつど)したものは80本近くあり、それ以外は信仰(しんこう)の対象(たいしょう)として、神社(じんじゃ)や御堂(おどう)に伝えられていたものです。航海(こうかい)の安全を祈(いの)る祭りをおこなう道具として使われたと考えられています。

  • 多紐細文鏡(よみがな)

    多紐細文鏡(たちゅうさいもんきょう)里田原遺跡(さとだばるいせき) 県指定有形文化財

    里田原遺跡(さとだばるいせき)の東南の端(はし)にある、弥生時代(やよいじだい)の墓地(ぼち)でみつかった、弥生時代中期初頭(やよいじだいちゅうきしょとう)の甕棺墓(かめかんぼ)に、小壺(こつぼ)といっしょに副葬(ふくそう)されていました。朝鮮半島(ちょうせんはんとう)で作られた、直径8.9cmの小形(こがた)の青銅鏡(せいどうきょう)で、完全(かんぜん)な形で出土(しゅつど)しました。紐(ひも)をとおす穴(あな)のあいたつまみが3つあるのが特徴(とくちょう)です。弥生時代(やよいじだい)の前期(ぜんき)のおわりから中期(ちゅうき)のおわりごろの首長(しゅちょう)の威信具(いしんぐ)や祭りの道具として使われたと考えられています。

error: コンテンツは保護されています