全国こども考古学教室

福井県

脇袋古墳群

わきぶくろこふんぐん

所在地福井県三方上中郡若狭町脇袋外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

若狭(わかさ)地方でもっとも大きい前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)である上ノ塚古墳(じょうのづかこふん)など3基(き)を含む古墳群(こふんぐん)です。若狭湾から琵琶湖(びわこ)にぬける街道(かいどう)ぞいにあり、膳部(ぜんぶ)山の西側の狭(せま)い谷に点々と古墳(こふん)があります。
上ノ塚古墳(じょうのづかこふん)は、全長が約100m、古墳をとりまく周濠(しゅうごう)があり、ふき石埴輪(はにわ)を持っています。つくられた時期は、古墳時代中期(こふんじだいちゅうき)と考えられます。
西塚古墳(にしづかこふん)は全長約72m、中塚古墳(なかつかこふん)は全長約70m、ともに前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。脇袋古墳群(わきぶくろこふんぐん)は、若狭(わかさ)国をおさめた大首長(だいしゅちょう)の墓(はか)と考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 空から見た古墳群

    空から見た古墳群

  •    円筒埴輪(西塚古墳)

       円筒埴輪(西塚古墳)

  • 近景(国史跡 上ノ塚古墳)

    近景(国史跡 上ノ塚古墳)

戻る
error: コンテンツは保護されています