全国こども考古学教室

福井県

舟津貝塚

ふなつかいづか

所在地福井県あわら市舟津外部リンクGooglemap

主な時代縄文時代

日本海側では珍しい縄文時代(じょうもんじだい)の貝塚(かいづか)です。縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)にできたと考えられ、遺跡の規模は東西80m、南北約35mと想定されます。貝塚からは、ヤマトシジミを中心に、サザエ、カキ、魚の骨(ほね)、動物の骨(ほね)などが発見されており、当時は淡水(たんすい)と海水(かいすい)が混じる河口の近くであったと考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 近景

    近景

  • 出土遺物

    出土遺物

  • 遠景

    遠景

現在の様子現地には、標柱(ひょうちゅう)がたてられています
戻る
error: コンテンツは保護されています