全国こども考古学教室

鳥取県

青谷上寺地遺跡

あおやかみじちいせき

所在地鳥取県鳥取市青谷町青谷外部リンクGooglemap

主な時代弥生時代

海辺(うみべ)につくられた弥生時代(やよいじだい)のムラ。今は、平野が広がっていますが、弥生時代(やよいじだい)には海が入りこんでいて、その入り江のほとりにムラの中心部がありました。住居(たて穴建物)の跡(あと)はみつかっていませんが、倉庫(そうこ/ほったて柱建物)の跡(あと)や数多くの水路(すいろ)がみつかりました。出土品(しゅつどひん)には、土器(どき)や石器(せっき)のほか、腐(くさ)りやすい木や動物の角・骨(ほね)で作られた道具が、とても残りのよい状態でたくさん出土(しゅつど)しました。とくに、木で作った器には美しい形やもようのものが多く、腕(うで)のいい職人(しょくにん)がいたことがわかります。また、たくさんの鉄の道具や、中国製の銅鏡(どうきょう)や中国のお金、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)で使われていた土器(どき)など、海を越(こ)えてきた貴重(きちょう)な品もみつかっており、日本海を行きかう船が立ち寄った港として、にぎわっていたと考えられます。
また、この遺跡(いせき)からは、100体分以上の人骨(じんこつ)も出土しており、その中の頭骨(とうこつ)から日本で唯一(ゆいいつ)の「弥生人(やよいじん)の脳(のう)」がみつかりました。鋭(するど)い刃物で傷(きず)つけられた骨(ほね)も多く、当時の戦いの様子を知ることができます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 空から見た遺跡

    空から見た遺跡

  •    木製容器

       木製容器

  • 作業風景

    作業風景

戻る
error: コンテンツは保護されています