全国こども考古学教室

山口県

宮ヶ久保遺跡

みやがくぼいせき

所在地山口市阿東徳佐外部リンクGooglemap

主な時代弥生時代

標高(ひょうこう)約300mの内陸(ないりく)の盆地(ぼんち)にある弥生時代(やよいじだい)のムラで、ムラをかこむ(ほり)からたくさんの木器(もっき)がみつかったことで注目されました。木器(もっき)は、ふだんの生活に使う道具に加え、動物や鳥、武器(ぶき)などの形をうつした祭りの道具がふくまれています。また、弥生文化(やよいぶんか)が海ぞいだけでなく、内陸(ないりく)にも早く伝わったことも注目できます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

戻る
error: コンテンツは保護されています