全国こども考古学教室

山口県

円光寺穴観音古墳

えんこうじあなかんのんこふん

所在地山口県萩市大井1387 外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

日本海を見下ろす山の中腹(ちゅうふく)につくられた、県内で最大級(さいだいきゅう)の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)をもつ古墳(こふん)です。墳丘(ふんきゅう)の大きさや副葬品(ふくそうひん)はわかりませんが、石室(せきしつ)の全長約11.2mは県内3位、最大幅(はば)約2.6mは県内2位の大きさです。古代(こだい)の阿武郡(あぶぐん)一帯をおさめた豪族(ごうぞく)、阿武国造(あむくにのみやつこ)の墓(はか)と考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

戻る
error: コンテンツは保護されています