全国こども考古学教室

千葉県

池花南遺跡

いけはなみなみいせき

所在地千葉県四街道市内黒田字池花158 ほか外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代

印旛沼(いんばぬま)に流れる手繰川(てぐりがわ)の上流(じょうりゅう)の台地にあり、約3万年前に多くの人びとが石器(せっき)を作った跡(あと)が発見(はっけん)されました。石器(せっき)や石のカケラは、直径約30mのドーナツ状の範囲(はんい)にみつかっていて、全国的にも注目を集めました。遺跡(いせき)からは、さまざまな形の石器(せっき)がみつかっていることから、形によって使い分けていたのではないかと考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 環状ブロックのようす

    環状ブロックのようす

  • 環状ユニットから出土した石器

    環状ユニットから出土した石器

  • 台形様石器

    台形様石器

現在の様子現在、出土(しゅつど)した石器(せっき)は、県の有形文化財(ゆうけいぶんかざい)に指定されています
戻る
error: コンテンツは保護されています