全国こども考古学教室

千葉県

井野長割遺跡

いのながわりいせき

所在地千葉県佐倉市ユーカリが丘5-18-1外部リンクGooglemap

主な時代縄文時代

縄文時代後期(じょうもんじだいこうき)から晩期(ばんき)にかけてのムラの跡(あと)がみつかっています。注目(ちゅうもく)されるのは、環状盛土遺構(かんじょうもりどいこう)と呼(よ)ばれる5つの土の盛(も)り上がりが、楕円形(だえんけい)にみつかったことです。これらの盛土(もりど)が、目に見える形で残されていたことや、古墳(こふん)のように独立(どくりつ)しているのは珍(めずら)しいことです。盛土(もりど)は、たて穴建物を掘(ほ)った土などが、長い間にわたり積み上げられたもので、盛土(もりど)の中からは、たて穴建物の跡(あと)やまつりに関係すると思われるものも多くみつかっています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 計画的なムラづくり

    計画的なムラづくり

  • いろいろな土偶(どぐう)

    いろいろな土偶(どぐう)

  • イノシシ形土製品(どせいひん)

    イノシシ形土製品(どせいひん)

戻る
error: コンテンツは保護されています