群馬県

下触牛伏遺跡

しもふれうしぶせいせき

所在地外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代

赤城山(あかぎさん)のふもとの台地にある旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)です。およそ2万5000年前の旧石器時代(きゅうせっきじだい)のムラの跡(あと)と考えられる、環状ブロック群がみつかったことで有名です。この遺跡(いせき)では、さまざまな形の石器(せっき)と、石器(せっき)づくりの時に出た石くずが、いくつかのまとまりをもって、直径50mほどもあるドーナツ形に広がっていました。石器(せっき)作りをした場所が、並んでいたのです。ドーナツの内側では、焼けた石器(せっき)や小石がみつかることから、(ろ)があったのではないかと考えられています。ここは、調理(ちょうり)の場であったのかもしれません。旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)は、住居や墓(はか)などがみつからず、生活の様子を知る手がかりがありませんでした。この遺跡(いせき)を通じて、旧石器時代(きゅうせっきじだい)の生活の様子が少しずつ見えるようになってきました。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 調査風景

    調査風景

  • 環状ブロックとユニット

    環状ブロックとユニット

  • ムラの復元想像図

    ムラの復元想像図

現在の様子現地は、スポーツ施設がつくられたため、見学できません
戻る
ページトップへ戻る