全国こども考古学教室

埼玉県

砂川遺跡

すながわいせき

所在地埼玉県所沢市三ケ島3丁目外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代

旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)で、特徴的(とくちょうてき)な方法で作られたナイフ形石器(せっき)が発見されたことで知られています。発掘調査(はっくつちょうさ)で、浅くくぼんだ場所を取りかこむように、6つの場所から石器(せっき)がみつかりました。その石器(せっき)を調べたことで、石器(せっき)をつくる原石(げんせき)から、製品(せいひん)を作る順番が明らかになるなど、旧石器時代(きゅうせっきじだい)の研究(けんきゅう)に大きな成果(せいか)をあげています。出土(しゅつど)した石器(せっき)は国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定(してい)されています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 調査のようす

    調査のようす

  • ナイフ型石器

    ナイフ型石器

  • 遺跡のようす

    遺跡のようす

戻る
error: コンテンツは保護されています