全国こども考古学教室

三重県

金剛坂遺跡

こんごうざかいせき

所在地三重県多気郡明和町金剛坂外部リンクGooglemap

主な時代弥生時代

伊勢(いせ)南部を代表する弥生時代(やよいじだい)のムラです。遺跡(いせき)の存在(そんざい)は古くから知られ、明治時代(めいじじだい)に発見された「パレス式土器(どき)」は現在、東京国立博物館(とうきょうこくりつはくぶつかん)にあります。発掘調査(はっくつちょうさ)では、方形周濠墓(ほうけいしゅうこうぼ)とよばれる弥生時代(やよいじだい)の方形(ほうけい)のお墓(はか)や、住居(たて穴建物)などが多数発見されています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

戻る
error: コンテンツは保護されています