全国こども考古学教室

沖縄県

具志原貝塚

ぐしばるかいづか

所在地沖縄県国頭郡伊江村川平<伊江島>外部リンクGooglemap

主な時代縄文時代~弥生時代

伊江島(いえじま)の南海岸の、標高(ひょうこう)約10mの砂丘にある、縄文時代前期(じょうもんじだいぜんき)から弥生時代後期(やよいじだいこうき)までと同じころの貝塚(かいづか)です。多くの石器(せっき)や土器(どき)、貝や動物の骨(ほね)が出土(しゅつど)していますが、中でも九州の弥生土器(やよいどき)や、ガラスのビーズ、うで輪の材料となるイモガイなどが出土(しゅつど)していることにより、九州とさかんに交流(こうりゅう)していたことを示しています。その下の層(そう)からは、縄文時代(じょうもんじだい)後・晩期の九州の土器(どき)、さらに一番下の層(そう)からは、縄文時代前期(じょうもんじだいぜんき)の九州の土器(どき)がみつかっています。そのほか、たしかな時期はわかりませんが、古代のものと考えられる墓(はか)もみつかっています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 近景

    近景

  • イモガイ集積遺構のようす

    イモガイ集積遺構のようす

  • 発掘調査のようす

    発掘調査のようす

現在の様子現在は、原野(げんや)の状態で保存(ほぞん)されており、標柱(ひょうちゅう)と案内板が設置(せっち)されています
戻る
error: コンテンツは保護されています