全国こども考古学教室

愛媛県

樽味四反地遺跡

たるみしたんじいせき

所在地愛媛県松山市樽味4丁目外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

石手川(いしてがわ)の左岸には、弥生時代後期(やよいじだいこうき)から古墳時代前期(こふんじだいぜんき)の遺跡(いせき)が集中する樽味天山遺跡群(たるみてんざんいせきぐん)が広がっています。その中心にあるのが、樽味四反地遺跡(たるみしたんじいせき)です。この遺跡(いせき)では、古墳時代前期(こふんじだいぜんき)のとても大きなほったて柱建物が3棟(とう)がみつかりました。いずれも、床の下にも柱がならんで床をささえる総柱構造(そうばしらこうぞう)の高床(たかゆか)建物です。もっとも大きな建物は、床面積が160㎡をこえ、建物のまわりには 庇(ひさし)があります。さらに、建物の中央には、屋根を支える大きな柱がありました。これらの特徴(とくちょう)から、この建物は松山平野(まつやまへいや)をまとめていた大首長の住まい、もしくはもっとも重要な施設(しせつ)で、だから一般のムラとははなれた所に建てられたと考えられます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 樽味四反地遺跡2号大型建物

    樽味四反地遺跡2号大型建物

  • 樽味四反地遺跡1号大型建物

    樽味四反地遺跡1号大型建物

  • 樽味四反地遺跡大型建物復元図宮本長二郎作成・松山市考古館提供

    樽味四反地遺跡大型建物復元図宮本長二郎作成・松山市考古館提供

現在の様子現在は、道路・宅地になっています。
戻る
error: コンテンツは保護されています