全国こども考古学教室

高知県

奥谷南遺跡

おくたにみなみいせき

所在地高知県南国市岡豊町小蓮字奥谷外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代

大きな岩の下から、たくさんの石器(せっき)や石器(せっき)を作った時のカケラがみつかり、高知県(こうちけん)の中央あたりで旧石器時代(きゅうせっきじだい)の様子が明らかとなりました。高知県(こうちけん)では、それまでほとんど旧石器時代(きゅうせっきじだい)の遺跡(いせき)がなかっただけに、この大発見は、多くの研究者(けんきゅうしゃ)に注目されました。大きな岩は2つあったようですが、発掘調査(はっくつちょうさ)の時には、すでに1つはなくなっていました。石器(せっき)は、遺跡(いせき)の近くで取れるチャートという石をおもに利用していました。奥谷南遺跡(おくたにみなみいせき)と県西部では、石器(せっき)づくりに利用される石の種類や作り方が違っていることがわかり、高知県(こうちけん)内でも地域(ちいき)によって特色(とくしょく)があることが明らかとなりました。発掘調査(はっくつちょうさ)の時に残っていた大きな岩は、今では、高速道路(こうそくどうろ)の下に埋(う)もれています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  •     岩陰

        岩陰

  • ナイフ形石器

    ナイフ形石器

  • 細石器

    細石器

現在の様子現在は、私有地のため見学はできません
戻る
error: コンテンツは保護されています