全国こども考古学教室

高知県

具同中山遺跡群

ぐどうなかやまいせきぐん

所在地高知県四万十市具同中山外部リンクGooglemap

主な時代縄文時代~古墳時代

古墳時代(こふんじだい)の大規模(だいきぼ)な祭りの跡(あと)です。洪水(こうずい)や地震(じしん)などの自然災害(しぜんさいがい)をしずめたり、ムラの繁栄(はんえい)を願ったりすることは、有力者(ゆうりょくしゃ)にとって重要(じゅうよう)な役目の1つでした。カミ(神)にささげられたものがたくさんみつかっています。古墳時代(こふんじだい)の人が、置いたままの状態でみつかることもあります。中には、鉄剣(てっけん)や碧玉(へきぎょく)製(せい)のまが玉など貴重(きちょう)なものもあり、自分たちの力ではどうしようもないことに対して、大切なものを惜(お)しげもなくカミに捧(ささ)げて、必死(ひっし)に祈(いの)ることしかできなかった姿(すがた)がうかびます。これらの他にも、土師器(はじき)・須恵器(すえき)・ミニチュアの土器(どき)・まが玉・土で作った銅鏡(どうきょう)やまが玉の模造品(もぞうひん)などがあります。土器(どき)のうち、(かめ)には、何かを煮(に)た痕(あと)がみられ、みんなで一緒に食べ物を食べていたことが想像(そうぞう)できます。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  •   遠景

      遠景

  • 配石遺構

    配石遺構

  • 古墳時代のマツリの跡

    古墳時代のマツリの跡

現在の様子現在は私有地となっているため、見学できません
戻る
error: コンテンツは保護されています