全国こども考古学教室

宮城県

雷神山古墳

らいじんやまこふん

所在地宮城県名取市植松字山1丁目外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

4世紀のおわりから5世紀の初めにつくられた首長(しゅちょう)のお墓(はか)です。この古墳(こふん)は、上空から見ると、円形と台形を組み合わせた形をしていて、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)とよばれています。大きさは、全長168m、高さ12mもあり、東北地方で最大の大きさです。
また、古墳(こふん)の墳丘(ふんきゅう)は三段につくられていて、段と段の間のしゃ面には、古墳(こふん)がくずれないようにふき石がギッシリとしきつめられていました。また、雷神山古墳(らいじんやまこふん)から1km離(はな)れたところには、5基(き)の前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)などがつくられた飯野坂古墳群(いいのざかこふんぐん)があります。そのため、もともとこの地域(ちいき)一帯を治めていた首長(しゅちょう)が飯野坂古墳群(いいのざかこふんぐん)にほうむられ、その首長(しゅちょう)と関係をもち、東北地方でもっとも大きな力をもっていた有力者(ゆうりょくしゃ)が、雷神山古墳(らいじんやまこふん)にほうむられたと考えられています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 上空からの眺め(手前は小塚古墳)

    上空からの眺め(手前は小塚古墳)

  • 壺の形をした埴輪

    壺の形をした埴輪

  • 古墳にしきつめられた石のようす

    古墳にしきつめられた石のようす

戻る
error: コンテンツは保護されています