全国こども考古学教室

新潟県にいがたけん
  • 遺跡数13212か所
  • 面 積12584㎢
まいぶんちゃん
新潟県のマップ古津八幡山遺跡弥生の丘展示館荒屋遺跡小瀬ヶ沢洞窟耳取遺跡みつけ伝承館馬高・三十稲場遺跡沖ノ原遺跡長者ヶ原遺跡長者ヶ原遺跡公園、長者ヶ原考古館藤橋遺跡寺地遺跡新穂玉作遺跡山元遺跡古津八幡山遺跡斐太遺跡群菖蒲塚古墳宮口古墳群

新潟県(にいがたけん)は、面積は全国5番目の大きさで、古代(こだい)の国の名でいえば、越後国(えちごのくに)と離島(りとう)の佐渡国(さどのくに)からなりたっています。本州側の海岸線は約330㎞と南北に長く、長野県(ながのけん)・福島県(ふくしまけん)から流れてくる信濃川(しなのがわ)・阿賀野川(あがのがわ)といった大きな川が日本海に注(そそ)ぎます。新潟県(にいがたけん)は、北陸(ほくりく)地方、関東(かんとう)地方、甲信越(こうしんえつ)地方、東北(とうほく)地方など、いろいろな地域(ちいき)でよばれますが、これはさまざまな文化が交わるためで、大昔からの特徴(とくちょう)です。縄文土器(じょうもんどき)でただ一つの国宝(こくほう)である火焔型土器(かえんがたどき)は、さまざまな地域(ちいき)の要素(ようそ)が結びついた、新潟県(にいがたけん)のオリジナル品です。また、ヒスイの原産地(げんさんち)である新潟県(にいがたけん)糸魚川市(いといがわし)を中心に、縄文時代(じょうもんじだい)にヒスイを加工(かこう)したアクセサリー生産(せいさん)が行われ、全国に広まりました。弥生時代(やよいじだい)には、ヒスイや、緑色・赤色などの石製(せきせい)のアクセサリーが、県内各地で生産(せいさん)されます。弥生時代(やよいじだい)の戦いにそなえたムラとされる高地にある環濠集落(かんごうしゅうらく)、古墳時代(こふんじだい)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)があって、西日本からの情報(じょうほう)がダイレクトに伝わる、日本海側でもっとも北の地といえます。また、北海道の土器(どき)が見つかるもっとも南の地でもあり、さまざまな文化が行きかう特別な地域(ちいき)といえます。

うちのお宝 ベスト5

  • 細石刃石器群(さいせきじんせっきぐん)

    細石刃石器群(さいせきじんせっきぐん)樽口遺跡(たるくちいせき) 県指定文化財

    山形県の境(さかい)近くの樽口遺跡(たるくちいせき)では、旧石器時代(きゅうせっきじだい)の東北日本の特徴(とくちょう)をよく表す石器(せっき)がたくさん出土(しゅつど)しました。中でも旧石器時代(きゅうせっきじだい)のいちばん終わりごろの細石刃石器群(さいせきじんせっきぐん)は、シベリアに起源(きげん)をもつ特徴(とくちょう)的な技術(ぎじゅつ)で作られています。黒曜石(こくようせき)でつくられた石器(せっき)を「蛍光X線分析(けいこうえっくすせんぶんせき)」という方法で産地(さんち)を調べたところ、秋田県男鹿半島(おがはんとう)産であることが分かりました。当時の人々が北の技術(ぎじゅつ)と石を持って、北から南下(なんか)したことが明らかになった貴重(きちょう)な石器(せっき)です。

  • ヒスイ

    火焔型土器(かえんがたどき)笹山遺跡(ささやまいせき) 国宝

    火焔型土器(かえんがたどき)は、縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)に信濃川(しなのがわ)の中流域(ちゅうりゅういき)を中心に作られた縄文土器(じょうもんどき)で、燃えさかる炎(ほのお)のような形からそうよばれています。土器(どき)の表面にはススやおこげが付いているため、お鍋(なべ)として使われたと考えられます。笹山遺跡(ささやまいせき)から出土(しゅつど)した火焔型土器(かえんがたどき)は、日本の原始美術(げんしびじゅつ)を代表する土器(どき)として国内外で高く評価(ひょうか)され、1999年に縄文土器(じょうもんどき)のなかで、これだけが国宝(こくほう)に指定(してい)されました。また、新潟県(にいがたけん)にとっても唯一(ゆいいつ)の国宝(こくほう)です。

  • 火焔型土器(かえんがたどき)

    ヒスイ長者ヶ原遺跡(ちょうじゃがはらいせき) 国石

    糸魚川(いといがわ)地方でとれるヒスイは、硬(かた)く光沢(こうたく)があり、その美しさから縄文時代(じょうもんじだい)から奈良時代(ならじだい)まで、アクセサリ-として盛(さか)んに使われてきました。糸魚川(いといがわ)地域(ちいき)では長者ヶ原遺跡(ちょうじゃがはらいせき)をはじめとして、ヒスイの玉を作った遺跡(いせき)がたくさんあります。しかし、はじめはヒスイの硬(かた)さから石斧(いしおの)を作るときに使用するハンマーとして使われました。その後、縄文時代前期(じょうもんじだいぜんき)にヒスイの玉が作られはじめ、中期から本格的に生産(せいさん)されました。これらの玉は、北は北海道(ほっかいどう)から南は沖縄県(おきんわけん)まで運ばれました。ヒスイは、知名度(ちめいど)や美しさ、古くからの日本人との関わりなどから、2016年9月「国石(こくせき)」に選ばれました。

  • 土偶形容器(どぐうがたようき)

    土偶形容器(どぐうがたようき)村尻遺跡(むらじりいせき) 国指定重要文化財

    土偶形容器(どぐうがたようき)は、弥生時代中期(やよいじだいちゅうき)の再葬墓(さいそうぼ)とよばれるお墓(はか)からの出土品(しゅつどひん)です。人の上半身(じょうはんしん)を表していますが、顔(頭)がありません。腕(うで)は短く、胸(むね)がわずかにふくらんでいます。胸(むね)と背中には、縄目(なわめ)で幾何学模様(きかがくもよう)がえがかれ、赤くいろどりされています。高さ約45㎝、肩幅(かたはば)は約37㎝と、とても大型です。造形(ぞうけい)としてすぐれているだけでなく、当時の葬送(そうそう)を考える上でも重要な資料(しりょう)です。

  • 靫(ゆぎ)

    靫(ゆぎ)城の山古墳(じょうのやまこふん)

    (ゆぎ)は、中に矢を入れて、背中にせおって持ち運ぶ、細長い箱形の武具(ぶぐ)のことです。城の山古墳(じょうのやまこふん)は、新潟県(にいがたけん)北部の胎内市(たいないし)にある円墳(えんぷん)で、その棺(ひつぎ)の中から編物(あみもの)でできた(ゆぎ)が3点出土(しゅつど)しています。出土(しゅつど)した(ゆぎ)は、糸を編(あ)み上げて模様(もよう)が描(えが)かれ、模様(もよう)の上から(うるし)をぬって仕上げられています。当時の(うるし)がきれいに残っています。

error: コンテンツは保護されています