全国こども考古学教室

広島県ひろしまけん
  • 遺跡数17708か所
  • 面 積8480㎢
ハニワだもん
広島県のマップ安芸高田市歴史民俗博物館冠遺跡群宮脇遺跡西ガガラ遺跡帝釈名越岩陰遺跡寄倉岩陰遺跡豊松堂面洞窟遺跡木の宗山遺跡亀山遺跡陣山墳墓群矢谷墳丘墓甲立古墳三ツ城古墳浄楽寺・七つ塚古墳群二子塚古墳広島県立歴史博物館広島市郷土資料館神辺歴史民俗資料館広島県立歴史民俗資料館(みよし風土記の丘)三ツ城古墳ガイダンスコーナー(東広島市立中央図書館内)福山市しんいち歴史民俗博物館広島大学総合博物館帝釈峡博物展示施設時悠館

広島県(ひろしまけん)は、瀬戸内海(せとないかい)に面(めん)しており、北部九州と近畿(きんき)地方との中間にあります。中国山地(ちゅうごくさんち)をこえれば、山陰(さんいん)地方とつながり、海をこえれば、四国地方ともつながる地域(ちいき)であることから、古くからいろいろな地域(ちいき)との交流が活発(かっぱつ)に行われました。中国(ちゅうごく)地方の中心に広がる中国山地(ちゅうごくさんち)は、瀬戸内海(せとないかい)に向かって階段のように低くなっています。海のすぐそばまで山が迫(せま)っているので、広島県(ひろしまけん)は、瀬戸内海(せとないかい)にある大小138の島々もふくめて、平地がとても少ないことが特徴(とくちょう)です。そのため、川や海を見下ろす丘(おか)の上で遺跡(いせき)がみつかることが多いです。丘(おか)の上に古墳(こふん)がたくさん集まって作られることも多く、三次(みよし)地域(ちいき)の浄楽寺・七ツ塚古墳群(じょうらくじななつづかこふんぐん)は、その一つの例です。三次(みよし)地域(ちいき)には、広島県(ひろしまけん)にある古墳(こふん)の約3分の1にあたる4000もの古墳(こふん)が作られており、また弥生時代(やよいじだい)の終わりごろに、山陰(さんいん)地方や北陸(ほくりく)地方などに多くみられる四隅突出型墳丘墓(よすみとっしゅつがたふんきゅうぼ)は、三次(みよし)がはじまりだという説もあります。

うちのお宝 ベスト5

  • くっついた石器(せっき)

    くっついた石器(せっき)冠遺跡群(かんむりいせきぐん)

    冠遺跡群(かんむりいせきぐん)でみつかった、重さ約108キロ、日本最大(さいだい)の接合資料(せつごうしりょう)です。接合資料(せつごうしりょう)とは、石器(せっき)をつくるために割(わ)られた石のカケラたちを、元通りにくっつけたもののことで、それによって、どんなふうに石をわって石器(せっき)をつくろうとしたかがわかるのです。しかし、たくさんの石のカケラから、くっつくものをみつけるのは、とても大変なことです。冠遺跡群(かんむりいせきぐん)では、石器(せっき)を作るための材料(ざいりょう)となる剥片(はくへん)、石を割(わ)ってできた石くず、失敗品などあわせて59点がくっつきました!すごいでしょ。その結果、もとは200kgほどあった安山岩(あんざんがん)のかたまりを 50~60㎝ほどの大きさに割(わ)り、それをさらに拳(こぶし)ぐらいの大きさに割(わ)ってから、石器(せっき)に加工(かこう)していたことがわかりました。しかし、完全にもとの大きさには戻っていません。みつからない部分は、旧石器人(きゅうせっきじん)が、遺跡(いせき)からもって行ったと考えられます。このような大きな石を一人で割(わ)ることはとてもむずかしいため、何人かで作業を行ったのかもしれません。3万年前の石器(せっき)の作り方がわかる、とても貴重(きちょう)な資料(しりょう)です。

  • サメの骨(ほね)でつくった耳かざり

    サメの骨(ほね)でつくった耳かざり陽内遺跡(ようちいせき) 県指定文化財

    陽内遺跡(ようちいせき)は、中国山地(ちゅうごくさんち)にある、縄文時代早期(じょうもんじだいそうき)から中期(ちゅうき)の遺跡(いせき)です。墓(はか)と思われる土坑(どこう)のそばから、山陰(さんいん)の海でとれたサメの骨(ほね)でつくった耳かざりがみつかりました。耳かざりは、直径が約17㎜(一円玉より小さい)、厚(あつ)さ約7㎜ほどの小さいものですが、ていねいに磨(みが)かれてつくられていました。耳かざりは2つで1セットですが、2つ一緒にみつかっているのは県内でここだけです。ほかのお墓(はか)からは、岡山県(おかやまけん)西部でよくみられる縄文土器(じょうもんどき)もみつかっており、山間部(さんかんぶ)の地域(ちいき)が日本海沿岸部(えんがんぶ)と瀬戸内(せとうち)の両方と交流をもっていたことがわかります。

  • 銅鐸(どうたく)・銅剣(どうけん)・銅戈(どうか)

    銅鐸(どうたく)・銅剣(どうけん)・銅戈(どうか)木の宗山遺跡(きのむねやまいせき) 国指定重要文化財

    木の宗山遺跡(きのむねやまいせき)では、烏帽子岩(えぼしいわ)とよばれる大岩の下から銅鐸(どうたく)、銅剣(どうけん)、銅戈(どうか)が出土(しゅつど)しています。銅鐸(どうたく)は、高さ約19cm・最大幅(はば)11.3㎝と小型のもので、邪視文(じゃしもん)とよばれる、二つの目のようなあやしいもようをもっています。銅剣(どうけん)は長さ39.7cm、銅戈(どうか)は長さ29.5cmで、いずれも先端(せんたん)が欠けています。邪視文(じゃしもん)のある銅鐸(どうたく)は、福田型(ふくだがた)とよばれ、鋳型(いがた)が佐賀県(さがけん)で出土(しゅつど)していることから、木の宗山遺跡(きのむねやまいせき)の銅鐸(どうたく)は、銅剣(どうけん)・銅戈(どうか)とともに、北部九州で作られたものと考えられます。

  • 特殊器台(とくしゅきだい)・特殊壺(とくしゅつぼ)

    特殊器台(とくしゅきだい)・特殊壺(とくしゅつぼ)矢谷墳丘墓(やだにふんきゅうぼ) 国指定重要文化財

    矢谷墳丘墓(やだにふんきゅうぼ)から出土(しゅつど)した墓(はか)での祭(まつ)りに使われた特別な土器(どき)です。吉備(きび)南部(岡山県南部)で作られたものが運ばれてきています。この特殊器台(とくしゅきだい)は、高さ約1mほどの大きなもので、渦巻(うずまき)や三角形の透(す)かしなど、たくさんの模様(もよう)でかざられています。筒型(つつがた)で、上に特殊壺(とくしゅつぼ)がのり、セットで使用されます。特殊壺(とくしゅつぼ)は底に穴(あな)があけられており、(つぼ)として使うものではなく祭り用の土器(どき)であることがよくわかります。いずれも表面は赤く塗(ぬ)られています。

  • 双龍環頭柄頭(そうりゅうかんとうつかがしら)

    双龍環頭柄頭(そうりゅうかんとうつかがしら)二子塚古墳(ふたごづかこふん)

    全長9㎝、環(かん)は7.8×6.2㎝で、青銅(せいどう)にていねいに模様(もよう)をほりこみ、金メッキをしています。柄頭(つかがしら)は、刀の持ち手(柄 つか)の先端(せんたん)についたかざりで、双龍(そうりゅう)があるものは、ふつうは向かいあった2頭(とう)が1つの玉をくわえているのに対し、二子塚古墳(ふたごづかこふん)でみつかったものは、2頭(とう)がそれぞれ玉をくわえている、めずらしいものです。日本列島(れっとう)でつくられたもので、ヤマト政権(せいけん)から贈(おく)られたものと思われます。刀の本体部分はみつかっていません。

error: コンテンツは保護されています