全国こども考古学教室

千葉県ちばけん
  • 遺跡数27629か所
  • 面 積5158㎢
しばっこくん
千葉県のマップ池花南遺跡千葉県立房総のむら風土記の丘資料館芝山古墳群観音教寺内芝山はにわ博物館長柄横穴群史跡長柄横穴群資料館内裏塚古墳金鈴塚古墳木更津市郷土博物館金のすず墨古沢遺跡加曽利貝塚千葉市立加曽利貝塚博物館堀之内貝塚市川市立考古博物館阿玉台貝塚井野長割遺跡山野貝塚袖ケ浦市郷土博物館須和田遺跡塙台遺跡龍角寺古墳群・岩屋古墳

千葉県(ちばけん)は、東京湾(わん)と太平洋に囲(かこ)まれた半島(はんとう)であり、北側の茨城県(いばらきけん)との間には、現在(げんざい)の印旛沼(いんばぬま)・手賀沼(てがぬま)・霞ヶ浦(かすみがうら)・北浦(きたうら)などが一帯(いったい)となった内海(うちうみ)が広がっていました。このように、周囲(しゅうい)を海に囲(かこ)まれた千葉県(ちばけん)には、海上交通(かいじょうこうつう)や水上交通(すいじょうこうつう)によって、さまざまな地域(ちいき)の文化がもたらされてきました。旧石器時代(きゅうせっきじだい)や縄文時代(じょうもんじだい)の石器(せっき)の材料は、北関東(きたかんとう)や長野県(ながのけん)、伊豆半島(いずはんとう)、海を渡(わた)った神津島(こうづしま)などから持ち込まれています。また、縄文時代(じょうもんじだい)には、海や川の恵みを受けた貝塚(かいづか)が数多く作られました。その数は、全国一となっています。弥生時代(やよいじだい)は、縄文時代(じょうもんじだい)から受けつがれた北関東(きたかんとう)の文化と、西日本の影響(えいきょう)を受けた南関東(みなみかんとう)の文化が存在(そんざい)する地域(ちいき)で、生活や墓(はか)の作り方にその影響をみることができます。古墳時代(こふんじだい)になると、関西(かんさい)や東海(とうかい)地方の影響(えいきょう)を受けて古墳(こふん)が出現(しゅつげん)し、7世紀代にも龍角寺岩屋古墳(りゅうかくじいわやこふん)のような大きな古墳(こふん)がつくられるなど、古墳時代(こふんじだい)を通してたくさんの古墳(こふん)が営(いとな)まれています。

うちのお宝 ベスト5

  • クジラの骨でつくった腰飾り(こしかざり)

    クジラの骨でつくった腰飾り(こしかざり) 有吉南貝塚(ありよしみなみかいづか) 県指定有形文化財

    縄文人(じょうもんじん)が、クジラのあごの骨(ほね)に細かいもようを彫(ほ)り込んで作った、腰(こし)につける飾(かざ)りだよ。住んでいた家の跡(あと)を墓(はか)にしたところから、男の人の骨(ほね)が出てきたんだけど、ちょうど腰(こし)のところからみつかったので、腰(こし)につける飾(かざ)りだってわかったんだよ。ほかにも、頭に土器(どき)をかぶっていたり、貝で作った飾(かざ)りなんかも一緒に出ているから、きっとこのムラのえらい人だったんじゃないかな。

  • 人の頭の形をした土製品

    人の頭の形をした土製品南羽鳥中岫第1遺跡(みなみはとりなかのごきだい1いせき)

    縄文時代(じょうもんじだい)につくられた、目を閉じてねむったような表情(ひょうじょう)の、人の頭の形をした土製品(どせいひん)だよ。ずっと目をさまさないような表情(ひょうじょう)は、死んだ人の顔のようだね。これは、墓(はか)から出てきたんだ。でも、ほかに一緒に出てきたものは、ほとんどないし、これと同じものは、みつかっていないから、とっても珍しいものなんだよ。これは、葬式(そうしき)とかに関係したものじゃないかって考えているけど、墓の人はきっとこのムラのえらい人だったんだろうね。

  • 小銅鐸(しょうどうたく)

    小銅鐸(しょうどうたく)川焼台遺跡(かわやきだいいせき) 県指定有形文化財

    弥生時代(やよいじだい)のかわいい銅鐸(どうたく)が2つみつかっているよ。小さいから小銅鐸(しょうどうたく)と呼(よ)ぶんだね。小さくても、大きな銅鐸(どうたく)と同じように鈕(ちゅう)と鰭(ひれ)が付けられ、模様(もよう)が彫(ほ)り込(こ)まれているから、大きな銅鐸(どうたく)がたくさんみつかっている東海(とうかい)地方より西でみられる銅鐸(どうたく)とよく似ているね。この小銅鐸(しょうどうたく)が何に使われたかはよく分かっていませんが、何らかのマツリで使われたのかもしれないね。

  • 石枕(いしまくら)

    石枕(いしまくら)二子塚古墳(ふたごづかこふん) 国指定重要文化財

    古墳(こふん)に葬(ほうむ)られる人の頭をのせる石の枕(まくら)だよ。上面(じょうめん)は、頭を置くために丸くくぼんでいるよ。横は三段の階段(かいだん)のように作られ、外側に直弧文(ちょっこもん)と呼(よ)ばれる不思議(ふしぎ)なもようが刻(きざ)まれているね。一番下の段には6個の穴(あな)が開けられ、そこにまが玉を背中(せなか)合わせにして軸(じく)に結びつけたような、「立花(りっか)」と呼(よ)ばれる飾(かざ)りが差し込まれます。古墳時代(こふんじだい)に、王者の模様(もよう)とされる直弧文(ちょっこもん)が石枕(いしまくら)にあるのは、全国でもこの石枕(いしまくら)のみで、かなりの有力者(ゆうりょくしゃ)が埋葬(まいそう)されたようだね。

  • 鉄剣(てっけん)

    鉄剣(てっけん)稲荷台1号墳(いなりだいいちごうふん)

    古墳時代(こふんじだい)に作られた、長さ73㎝ほどの鉄製(てつせい)の剣(けん)で、X線(エックスせん)で撮影(さつえい)したら、剣(けん)にきざんだ文字に銀をうめこんだ銀象嵌(ぎんぞうがん)の文字が表に6文字、裏(うら)に6文字みつかったんだよ。その文字は、「王様から賜(たまわ)ったこの刀を大事にもっていなさいよ」というような意味かな。この王様が誰(だれ)なのかはよくわからないが、当時の中心地であったヤマト政権の大王を指(さ)しているのかもしれないね。この古墳(こふん)に葬(ほうむ)られた人は、ヤマトの大王と深い関係があったようだね。

error: コンテンツは保護されています