全国こども考古学教室

東京都とうきょうと
  • 遺跡数7234か所
  • 面 積2194㎢
トーハクくん、ユリノキちゃん
東京都のマップ西東京市郷土資料室府中郷土の森博物館調布市郷土博物館品川区立品川歴史館文京ふるさと歴史館明治大学博物館多摩川台公園古墳展示室大田区立古墳展示室八丈島歴史民俗資料館板橋区郷土資料館小平市鈴木遺跡資料館葛飾区郷土と天文の博物館郷土博物館分室(調布市)八王子市郷土資料館国史跡武蔵府中熊野神社古墳展示館世田谷区立郷土資料館東京大学総合研究博物館東京国立博物館東京都埋蔵文化財センター鈴木遺跡下野谷遺跡大森貝塚野毛大塚古墳多摩ニュータウン№57遺跡弥生町遺跡柴又八幡神社古墳宇津木向原遺跡久ケ原遺跡下布田遺跡亀甲山古墳武蔵府中熊野神社古墳茂呂遺跡八重根遺跡

東京都(とうきょうと)は、面積は2194㎢で、都道府県(とどうふけん)のなかではせまいのですが、日本の一番南に位置する小笠原諸島(おがさわらしょとう)は、東京都(とうきょうと)に属(ぞく)しています。遺跡(いせき)の数は6000をこえますが、江戸時代(えどじだい)から現在まで政治の中心地だったので、たくさんの建物が建てられたために、遺跡(いせき)の多くが削(けず)られてなくなったと考えられます。大昔の東京(とうきょう)の地形(ちけい)は、東京湾(とうきょうわん)が現在よりも北に大きく入りこんでいて、縄文時代(じょうもんじだい)の貝塚(かいづか)は、そうした海岸の近くにつくられています。また、東西にまがりくねりながら流れる多摩川(たまがわ)の流域(りゅういき)には、旧石器時代(きゅうせっきじだい)から古代(こだい)にかけて、多くの遺跡(いせき)が発見されています。

うちのお宝 ベスト5

  • 土偶(どぐう)

    土偶(どぐう)多摩(たま)ニュータウン№471遺跡(いせき)

    縄文時代(じょうもんじだい)中期中ごろの土偶(どぐう)で、顔からどう体までがよく残っていますが、足は欠けています。顔には白い色がぬられています。入れ墨(ずみ)を表現したのかもしれません。この時期の土偶(どぐう)としては、写実的(しゃじつてき)な表現を示しています。

  • 土でつくった耳かざり

    土でつくった耳かざり下布田遺跡(しもふだいせき) 国指定重要文化財

    縄文時代晩期(じょうもんじだいばんき)の土でつくった耳かざりです。とても細かくに、入り組んだ複雑(ふくざつ)な模様(もよう)が、透(す)かしぼりされている、すぐれたものです。直径は10㎝です。全体に赤い色が塗(ぬ)られています。

  • 弥生時代(やよいじだい)の壺(つぼ)

    弥生時代(やよいじだい)の壺(つぼ)久ヶ原遺跡(くがはらいせき)

    弥生時代後期(やよいじだいこうき)の土器(どき)で、たいへんスマートな(つぼ)です。内側と外側は赤い色で塗(ぬ)られていて、とてもきれいに飾られています。胴部(どうぶ)には三角形の幾何学的(きかがくてき)な模様(もよう)が描(えが)かれています。南関東(みなみかんとう)地方の弥生時代後期(やよいじだいこうき)の代表的な土器(どき)です。

  • 銅鏡(どうきょう)

    銅鏡(どうきょう)狛江亀塚古墳(こまえかめづかこふん)

    全長40mの帆立貝形古墳(ほたてがいがたこふん)に副葬(ふくそう)されていた中国製(せい)の銅鏡(どうきょう)です。鏡にきざまれていた銘文(めいぶん)に、百済(くだら)の斯麻王(しまおう)の名前があり、(わ)と百済(くだら)のしたしい交流(こうりゅう)を示すものといえます。この鏡(かがみ)は、和歌山県(わかやまけん)の隅田八幡宮(すだはちまんぐう)がもっている銅鏡(どうきょう)のモデルになった鏡(かがみ)と言われています。

  • 石製模造品(せきせいもぞうひん)

    石製模造品(せきせいもぞうひん)野毛大塚古墳(のげおおつかこふん) 国指定重要文化財

    石製模造品(せきせいもぞうひん)は、祭りのための道具です。刀子(とうす)やまが玉銅鏡(どうきょう)などの形を、すべて滑石(かっせき)という石でつくったものが、この古墳(こふん)からたくさん出土(しゅつど)しました。本来は、神に祈りを捧(ささ)げるためのまつりの道具だったものが、死んで「カミ」になった首長(しゅちょう)とともに、墓(はか)に埋葬(まいそう)されたのでしょう。

error: コンテンツは保護されています