全国こども考古学教室

福島県ふくしまけん
  • 遺跡数14557か所
  • 面 積13784㎢
いずみちゃん
福島県のマップ一里段A遺跡福島県文化財センター白河館(まほろん)白河市歴史民俗資料館泉崎村資料館須賀川市立博物館須賀川市歴史民俗資料館大安場史跡公園郡山市歴史資料館南相馬市博物館相馬市歴史資料収蔵館国見町文化財センター あつかし歴史館会津坂下町埋蔵文化財センターやないづ縄文館原瀬上原遺跡宮畑遺跡じょーもぴあ宮畑天神原遺跡杵が森古墳大塚山古墳福島県立博物館会津若松市歴史資料センター「まなべこ」大安場古墳桜井古墳中田横穴泉崎横穴清戸廹横穴浦尻貝塚前田遺跡窪田遺跡奥会津只見考古館いわき市考古資料館

福島県(ふくしまけん)は、東北(とうほく)地方の南のはしに位置し、太平洋に面する「浜通(はまどお)り地方」、宮城県(みやぎけん)に向かって流れる川にせっする「中通(なかどお)り地方」、新潟県(にいがたけん)に向かって流れる川にせっする「会津(あいづ)地方」の3つの地方から成り立っています。
県の面積は、13,784㎢で、北海道(ほっかいどう)・岩手県(いわてけん)についで全国で3番目の広さがあります。その中に、14,484か所(2012年時点)の遺跡(いせき)が確認(かくにん)されています。
このような位置にあるためか、旧石器時代(きゅうせっきじだい)から弥生時代(やよいじだい)まで、さまざまな地方との交流があったことがわかっています。一つの遺跡(いせき)から、いろいろな地方の土器(どき)がひとまとまりで出てくることも珍しくありません。
土器(どき)は、弥生時代(やよいじだい)の終わりごろまで、縄文土器(じょうもんどき)と同じような縄目(なわめ)のもようがつけられるのが普通です。しかし、前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)や前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)などが作られる古墳時代(こふんじだい)になると、もようのつかない土器(どき)が突然(とつぜん)いきわたるようになります。中央(ちゅうおう)のヤマト政権(せいけん)の力が、一気(いっき)に福島県(ふくしまけん)に及(およ)んだことを意味すると考えられています。

うちのお宝 ベスト5

  • 縄文土器(じょうもんどき)

    縄文土器(じょうもんどき)法正尻遺跡(ほうしょうじりいせき) 国指定重要文化財

    磐梯山(ばんだいさん)の麓(ふもと)にある法正尻遺跡(ほうしょうじりいせき)は、縄文時代中期(じょうもんじだいちゅうき)のムラの跡(あと)です。発掘調査(はっくつちょうさ)により、住居(たて穴建物)の跡(あと)129軒(けん)、土坑(どこう)759基(き)などがみつかりました。この遺跡(いせき)からは、完全な形をしたたくさんの土器(どき)のほか、大量の石器(せっき)、ヒスイ製のアクセサリー、土偶(どぐう)などがみつかっています。残りの良い土器(どき)184点と、土製品(どせいひん)80点、石器(せっき)・石製品(いしせいひん)523点が、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定されています。

  • うでをくむ土偶(どぐう)

    うでをくむ土偶(どぐう)上岡遺跡(かみおかいせき) 国指定重要文化財

    上岡遺跡(かみおかいせき)は、摺上川(すりかみがわ)ぞいにある丘(おか)の上にある縄文後期(じゅうもんこうき)から晩期(ばんき)の遺跡です。1952年、地元の人たちが桃畑(ももばたけ)に排水(はいすい)の溝(みぞ)を作った時に遺跡(いせき)が発見され、この土偶(どぐう)が出土(しゅつど)しました。発掘調査(はっくつちょうさ)の結果、土偶(どぐう)はもともと住居(たて穴建物)の中にあったものであることがわかりました。この土偶(どぐう)は、しゃがんで腕を組むポーズをとっています。

  • 棺(ひつぎ)として作られた土器(どき)

    棺(ひつぎ)として作られた土器(どき)天神原遺跡(てんじんばらいせき) 国指定重要文化財

    楢葉町(ならはまち)の天神原遺跡(てんじんばらいせき)は、太平洋(たいへいよう)にそそぐ木戸川(きどがわ)の河口のちかくにある遺跡(いせき)です。発掘調査(はっくつちょうさ)の結果、弥生時代中期後半(やよいじだいちゅうきこうはん)の土器棺墓(どきかんぼ)と土坑墓(どこうぼ)からなる墓地(ぼち)だとわかりました。土器棺(どきかん)として出土(しゅつど)した(つぼ)と(かめ)や、副葬品(ふくそうひん)の玉類、石の矢じりなどが、国の重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定されています。

  • 会津大塚山古墳(あいづおおつかやまこふん)の出土品(しゅつどひん)

    たった一枚の三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう) 会津大塚山古墳(あいづおおつかやまこふん) 国指定重要文化財

    会津大塚山古墳(あいづおおつかやまこふん)の木棺(もっかん)の跡(あと)からは、銅鏡(どうきょう)、矢を入れる(ゆぎ)、環頭太刀(かんとうたち)、鉄の斧(おの)、碧玉(へきぎょく)でつくった紡錘車(ぼうすいしゃ)など、近畿(きんき)地方にみられるような副葬品(ふくそうひん)がたくさんみつかりました。4世紀の終わりごろには、会津地方(あいづちほう)がヤマト政権(せいけん)の影響をうけていたことを物語(ものがた)る発見でした。なかでも、三角縁神獣鏡(さんかくえんしんじゅうきょう)は、東北(とうほく)地方でたった一枚しかない例(れい)として注目されています。

  • すわっている埴輪男子(はにわだんし)

    すわっている埴輪男子(はにわだんし)神谷作101号墳(かみやさくいちまるいちごうふん) 国指定重要文化財

    1948年に行われた発掘調査(はっくつちょうさ)で出土(しゅつど)した古墳時代後期(こふんじだいこうき)の埴輪(はにわ)です。「埴輪女子像(はにわじょしぞう)」などとともに、国の重要文化財に指定されています。古墳は、最近の調査で前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)だとわかり、埴輪(はにわ)がまとまって出土(しゅつど)する部分があることもわかりました。鈴(すず)のついた冠(かんむり)をかぶり、玉かざりの大刀(たち)を下げて、あぐらをかいています。服や冠(かんむり)に描(えが)かれている三角形のもようは、近くにある中田横穴(なかたよこあな)の壁画(へきが)のもようともよく似ています。

error: コンテンツは保護されています