全国こども考古学教室

岡山県おかやまけん
  • 遺跡数22266か所
  • 面 積7114㎢
しかたん
岡山県のマップ造山古墳ビジターセンター岡山市埋蔵文化財センター岡山県笠岡市郷土資料館倉敷考古館造山古墳ビジターセンター赤磐市郷土資料館岡山県立博物館岡山県古代吉備文化財センター鷲羽山遺跡野原遺跡群 早風A地点津雲貝塚津島遺跡百間川遺跡群作山古墳千引カナクロ谷製鉄遺跡楯築遺跡造山古墳高塚遺跡両宮山古墳上東遺跡こうもり塚古墳阿津走出遺跡

岡山県、とくに南部は、広い平野と温暖な気候に恵まれた、農業に適した地域です。そのため、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)から水田での米づくりが伝わった弥生時代(やよいじだい)以降、米づくりで栄えてきました。また、陸の交通・海の交通の重要な地域(ちいき)としても栄え、弥生時代後期(やよいじだいこうき)の後半には、弥生時代(やよいじだい)最大の墳丘(ふんきゅう)をもつ首長(しゅちょう)の墓(はか)である楯築遺跡(たてつきいせき)がつくられました。この時期には、ほかの地域(ちいき)と違(ちが)って、土器(どき)にもようをつけてかざり、土器(どき)による神への祭りをさかんに行っています。
とくにこの地域(ちいき)に独特(どくとく)なのは、高さ1mをこえる特殊(とくしゅ)な器台(きだい)を作って、首長(しゅちょう)の墓(はか)のまわりに立てることでした。そして、この特殊(とくしゅ)な器台(きだい)が、古墳時代(こふんじだい)の埴輪(はにわ)のもとになりました。ヤマト政権(せいけん)の有力な首長(しゅちょう)の墓(はか)に吉備(きび)の道具が使われたことから、古墳時代(こふんじだい)のヤマト政権(せいけん)の中で、吉備(きび)が力を持っていたことがわかります。古墳時代(こふんじだい)には、全国第4位の大きさの造山古墳(つくりやまこふん)、10位の作山古墳(つくりやまこふん)、墳丘(ふんきゅう)の長さ206mの両宮山古墳(りょうぐうさんこふん)など、昔の山陽道(さんようどう)ぞいに巨大な古墳(こふん)がつくられます。古墳時代(こふんじだい)の終わりごろには、日本でもっとも早い時期から鉄(てつ)の生産が始まり、土器(どき)を使った塩づくりも、このころからさかんに行われるようになります。

うちのお宝 ベスト5

  • 分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)

    分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)県内の弥生時代中期~後期の遺跡

    分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)は、岡山県(おかやまけん)でたくさん出土(しゅつど)することで有名な品です。物の重さを測る分銅(ふんどう)というおもりに似ていることから、この名があります。大きさは約3cm~20cmを超(こ)えるものがあります。県外でも多数出土(しゅつど)していますが、岡山県(おかやまけん)がとびぬけて多いのです。分銅形土製品(ふんどうがたどせいひん)は顔を描(えが)いているものも多く、人を表していると思われますが、壊(こわ)れた状態でみつかるものがほとんどです。自分にふりかかるかもしれない、病気や災(わざわ)いをこの土製品(どせいひん)に引き受けてもらい、それを壊(こわ)すことによって、自分が無事(ぶじ)でいられるように願うためのものではないかと考えられています。

  • 弧帯石(亀石)(こたいせき、かめいし)

    弧帯石(こたいせき)「亀石(かめいし)」楯築遺跡(たてつきいせき) 国指定重要文化財

    平面形は、三角形のおにぎりのような形をしており、最大の長さと幅(はば)はそれぞれ約90㎝、厚さ約35㎝の石で、細くなった先端(せんたん)を丸く浮(う)きぼりにし、顔を描(えが)いています。また顔以外は、線(せん)ぼりと浮(う)きぼりで、弧(こ)や直線を描(えが)いて全面を覆(おお)っています。亀石(かめいし)は、楯築神社(たてつきじんじゃ)のご神体(しんたい)として、楯築遺跡(たてつきいせき)の墳丘(ふんきゅう)の上の祠(ほこら)に納(おさ)められていましたが、遺跡(いせき)の発掘調査(はっくつちょうさ)で、同じようなもようをもつ石が出土(しゅつど)したことから、この亀石(かめいし)も楯築遺跡(たてつきいせき)に伴(ともな)うものだとわかりました。

  • 宮山型特殊器台(とくしゅきだい)

    宮山型特殊器台(みややまがたとくしゅきだい)宮山墳丘墓(みややまふんきゅうぼ) 国指定重要文化財

    弥生時代後期(やよいじだいこうき)に岡山県(おかやまけん)で流行(りゅうこう)する特殊器台(とくしゅきだい)は、古墳時代(こふんじだい)の円筒埴輪(えんとうはにわ)のもとになった、葬式用の特別な土器(どき)です。宮山墳丘墓(みややまふんきゅうぼ)で出土(しゅつど)したものは、もっとも新しい形の特殊器台(とくしゅきだい)で、宮山型(みややまがた)と呼ばれています。この特殊器台(とくしゅきだい)と同じようなもようをもつものが、奈良県にある最古の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)である箸墓古墳(はしはかこふん)などから出土(しゅつど)しており、岡山県(おかやまけん)の特殊器台(とくしゅきだい)が奈良県(ならけん)の首長の墓(はか)に使われていることが注目されています。

  • 馬形帯鉤(うまがたたいこう)

    所蔵:宮内庁書陵部

    馬形帯鉤(うまがたたいこう)榊山古墳(さかきやまこふん)

    腰(こし)につける帯(おび)をとめる金具で、5世紀に朝鮮半島(ちょうせんはんとう)から伝わったものです。1912年、岡山県(おかやまけん)最大の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)である造山古墳(つくりやまこふん)の前方部(ぜんぽうぶ)の近くにある榊山古墳(さかきやまこふん)が、地元の人々によって掘(ほ)りかえされた時、銅鏡(どうきょう)・銅鈴(どうれい)・龍(りゅう)をかたどった金具や刀などと共に、馬形帯鉤(うまがたたいこう)が6点出土(しゅつど)したとされています。しかし、近くにある千足古墳(せんぞくこふん)も同時に掘(ほ)られたため、両方の古墳(こふん)の出土品(しゅつどひん)がまじっている可能性もあるといわれています。最近(さいきん)になって、長野県(ながのけん)の浅川端遺跡(あさかわばたいせき)の住居跡(じゅうきょあと)から1点出土(しゅつど)するまでは、全国でも他ではみられないものでした。

  • 陶棺(とうかん)

    陶棺(とうかん)こうもり塚古墳(こうもりづかこふん)

    6世紀に作られたこうもり塚古墳(こうもりづかこふん)に納(おさ)められた棺(ひつぎ)の1つです。土で形を整え、(かま)で焼いて作っています。この陶棺(とうかん)は、ふつうの陶棺(とうかん)にはないほど、外面にもようを付けたりして、かざっています。棺(ひつぎ)の脚(あし)は、円筒埴輪(えんとうはにわ)と同じように作っているので、埴輪(はにわ)を作る職人(しょくにん)によって作られたものと思われます。