全国こども考古学教室

京都府きょうとふ
  • 遺跡数17183か所
  • 面 積4612㎢
ごりごりくん
京都府のマップ京都市考古資料館京都国立博物館同志社大学歴史資料館京都府立山城郷土資料館城陽市歴史民俗資料館大山崎町歴史資料館長岡京市埋蔵文化財センター向日市文化資料館亀岡市文化資料館綾部市資料館古墳公園はにわ資料館(与謝野町)京都府立丹後郷土資料館京丹後市立丹後古代の里資料館南栗ヶ塚遺跡森山遺跡浜詰遺跡扇谷遺跡田辺天神山遺跡赤坂今井墳墓乙訓古墳群久津川古墳群網野銚子山古墳蛭子山古墳私市円山古墳長者森古墳千歳車塚古墳蛇塚古墳

京都府(きょうとふ)は南北約120㎞ありますが、江戸時代(えどじだい)までは、北から①丹後(たんご)、②丹波(たんば)、③山城(やましろ)の3つの国に分かれていました。①丹後(たんご)は、日本海(にほんかい)に面しており、朝鮮半島(ちょうせんはんとう)や中国大陸(ちゅうごくたいりく)に通じる海の玄関口(げんかんぐち)です。②丹波(たんば)は、丹後(たんご)と近畿(きんき)地方の中央や瀬戸内(せとうち)を結ぶ道のとちゅうにあり、③山城(やましろ)は、近畿(きんき)地方中央部の一部です。それぞれの地域(ちいき)の間の交流には、山城(やましろ)では木津川(きづがわ)、丹波(たんば)では由良川(ゆらがわ)や保津川(ほづがわ)・大堰川(おおいがわ)など、川をつかった交通が重要でした。
縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡(いせき)としては、日本海側では珍しい貝塚(かいづか)である浜詰遺跡(はまづめいせき)がよく知られています。弥生時代(やよいじだい)は、扇谷遺跡(おうぎだにいせき)などの遺跡(いせき)から、弥生文化(やよいぶんか)が、日本海(にほんかい)を通じて伝わってきたことを示しています。また、弥生時代(やよいじだい)の終わりごろには、赤坂今井墳墓(あかさかいまいふんぼ)など、丹後(たんご)に有力な墳墓(ふんぼ)がつくられます。古墳時代(こふんじだい)には、丹後(たんご)では網野銚子山古墳(あみのちょうしやまこふん)など、海をのぞむ巨大古墳(きょだいこふん)が次々と作られることが、最も大きな特徴(とくちょう)です。山城(やましろ)でも、乙訓古墳群(おとくにこふんぐん)や久津川古墳群(くつかわこふんぐん)など、古くから知られ、日本の歴史(れきし)を考える上で、欠かせない古墳(こふん)が多く存在(そんざい)することも京都府(きょうとふ)の大きな特徴(とくちょう)です。

うちのお宝 ベスト5

  • ガラスの腕輪(うでわ)

    ガラスの腕輪(うでわ)大風呂南1号墓(おおぶろみなみ1ごうぼ) 国指定重要文化財

    弥生時代(やよいじだい)から変わらないライトブルーの輝(かがや)きをはなつ、美しいガラスの腕輪(うでわ)です。最大(さいだい)の直径9.7㎝、重さは168.1gあり、断面(だんめん)は五角形をしています。日本では、ガラスの腕輪(うでわ)は4か所の遺跡(いせき)から出土(しゅつど)していますが、完全な形をしているのは、大風呂南1号墓(おおぶろみなみ1ごうぼ)のものだけです。ガラスの成分(せいぶん)から、中国大陸(ちゅうごくたいりく)から日本海をこえてもちこまれたと考えられています。海の色にも似たこのガラスの腕輪(うでわ)は、海外との交易(こうえき)をおこなったとされる有力者(ゆうりょくしゃ)の墓(はか)に納(おさ)められていました。

  • 「青龍(せいりゅう)三年」の年号(ねんごう)が記された銅鏡(どうきょう)

    「青龍(せいりゅう)三年」の年号(ねんごう)が記された銅鏡(どうきょう)大田南5号墳(おおたみなみ5ごうふん) 国指定重要文化財

    日本には、現在13枚(まい)の古代(こだい)中国の年号(ねんごう)が書かれた銅鏡(どうきょう)が知られていますが、「青龍(せいりゅう)三年」(235)という年号(ねんごう)は、その中で最も古い年号(ねんごう)です。倭国(わこく)の女王・卑弥呼(ひみこ)が中国の魏(ぎ)に使いをおくる前の年号(ねんごう)ですが、記念すべき特別な年号(ねんごう)であったのかもしれません。同じ年号(ねんごう)の銅鏡(どうきょう)は、他に2枚(1枚は出土地(しゅつどち)不明)ありますが、出土(しゅつど)した古墳(こふん)は、いずれもちいさな古墳(こふん)です。この銅鏡(どうきょう)のもようは、古代(こだい)の中国の人が考えた宇宙(うちゅう)そのもので、中央の四角は天を表し、柱などによって支えられています。まわりには、東西南北をまもる青龍(せいりゅう)、白虎(びゃっこ)、朱雀(すざく)、玄武(げんぶ)の4つの神の姿(すがた)などがあらわされ、まじないやまつりの道具としてとても大事にされました。

  • 龍(りゅう)の飾(かざ)りがある刀の持ち手の飾り

    龍(りゅう)の飾(かざ)りがある刀の持ち手の飾(かざ)り湯舟坂2号墳(ゆぶねさか2ごうふん) 国指定重要文化財

    大刀(たち)は、6世紀後半に作られた古墳(こふん)から出土(しゅつど)したもので、持ち手の部分が失われていますが、全長は122センチと考えられます。持ち手の柄(え)の頭の部分に円形の飾(かざ)りがあることから、環頭太刀(かんとうたち)とよばれています。円形の飾(かざ)りには、向かい合って玉をくわえる大小2組の龍(りゅう)が表現されています。2組の龍(りゅう)を表現したものはとても珍しく、その他の出土品(しゅつどひん)とともに、重要文化財(じゅうようぶんかざい)に指定(してい)されています。

  • 「景初(けいしょ)四年」(240年)の年号が記された銅鏡(どうきょう)

    「景初(けいしょ)四年」(240年)の年号が記された銅鏡(どうきょう)広峯15号墳(ひろみね15ごうふん) 国指定重要文化財

    有名な『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)には、「景初(けいしょ)三年、の女王卑弥呼(ひみこ)は中国の魏(ぎ)王朝に使者を送った。魏(ぎ)の皇帝(こうてい)は、おみやげとして銅鏡(どうきょう)100枚などの品々を卑弥呼(ひみこ)に与えた」と書かれています。ところが、福知山市(ふくちやまし)の広峯(ひろみね)15号墳(ふん)でみつかったこの鏡(かがみ)には、「景初(けいしょ)四年に作った」と記(しる)されていました。じつは、中国の年号(ねんごう)である「景初(けいしょ)」は三年で終わってしまったため、「景初(けいしょ)四年」は、実際(じっさい)にはありえない年号なのです。この鏡(かがみ)は、一体どこで誰が作ったのか。見つかって30年以上たった今でも謎(なぞ)のままです。

  • 貝製の腕輪(うでわ)をまねた銅製品(どうせいひん)

    貝製の腕輪(うでわ)をまねた銅製品(どうせいひん)芝ヶ原古墳(しばがはらこふん) 国指定重要文化財

    芝ヶ原古墳(しばがはらこふん)は、古墳時代(こふんじだい)の初めごろにつくられた前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)です。古墳(こふん)からは、銅鏡(どうきょう)やガラスの玉、ヒスイのまが玉など貴重(きちょう)な副葬品(ふくそうひん)がみつかっています。この腕輪形銅製品(うでわがたどうせいひん)は、奄美群島(あまみぐんとう)より南で採れる貝で作った腕輪(うでわ)や、それをまねて石で作った腕輪形石製品(うでわがたせきせいひん)がもとになったアクセサリーです。ただ、実際(じっさい)には身に着(つ)けていたものではなく、古墳(こふん)に埋葬(まいそう)された人の権威(けんい)を示すものという意味合いが大きかったと考えられています。

error: コンテンツは保護されています