奈良県

新沢千塚古墳群

にいざわせんづかこふんぐん

所在地奈良県橿原市鳥屋町 ほか外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

新沢千塚古墳群(にいざわせんづかこふんぐん)は、約600基(き)の古墳(こふん)からなっています。古墳(こふん)がつくられた時代は、古墳時代前期(こふんじだいぜんき)から飛鳥時代(あすかじだい)という長い期間にわたります。なかには、ペルシャからシルクロードをわたってきたガラス製品(せいひん)や、中国・朝鮮半島(ちょうせんはんとう)で流行(りゅうこう)した金銀(きんぎん)のアクセサリーをもつ女性を葬(ほうむ)った古墳(こふん)も存在(そんざい)するなど、大陸(たいりく)からやってきた多くの人々がこの地に葬(ほうむ)られていると考えられています。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 近景

    近景

  •   美しくあざやかなガラス製品

      美しくあざやかなガラス製品

  • 126号墳から出土したガラス製容器

    126号墳から出土したガラス製容器

戻る
ページトップへ戻る