奈良県

丸山古墳

まるやまこふん

所在地奈良県橿原市五条野町丸山外部リンクGooglemap

主な時代古墳時代

丸山古墳(まるやまこふん)は、古墳時代後期(こふんじだいこうき)の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)で、墳丘(ふんきゅう)の全長320mは、奈良県(ならけん)で最大(さいだい)です。埋葬施設(まいそうしせつ)の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)は、石室(せきしつ)の全長が28.4mと日本列島最大(さいだい)で、そのなかには2つの巨大な石棺(せっかん)がおかれていました。
この古墳(こふん)の中心部は、横穴式石室(よこあなしきせきしつ)のある場所もふくめて、宮内庁(くないちょう)が古代の天皇の墓(はか)だと定めて管理(かんり)しているため、石室(せきしつ)の見学はできません。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 遠景

    遠景

  • 南南東からの航空写真

    南南東からの航空写真

  • 位置関係がわかる資料館の展示

    位置関係がわかる資料館の展示

現在の様子現在は、見学できません
戻る
ページトップへ戻る