青森県

大平山元遺跡

おおだいやまもといせき

所在地青森県外ヶ浜町蟹田字大平山元外部リンクGooglemap

主な時代旧石器時代~縄文時代

蟹田(かにた)川の近くにある縄文時代(じょうもんじだい)の遺跡(いせき)です。縄文時代(じょうもんじだい)より古い旧石器時代(きゅうせっきじだい)の特徴(とくちょう)をもつ石器(せっき)とともに、土器(どき)が出土(しゅつど)しました。土器(どき)と弓矢が使われはじめると、縄文時代(じょうもんじだい)の始まりだと考えられています。この土器(どき)に付いていた炭化物(たんかぶつ)の年代を測定(そくてい)したところ、今から約1万5000年前のものであることがわかり、今のところ日本でもっとも古い土器(どき)と考えられています。
遺跡(いせき)から、住居(たて穴建物)の跡(あと)はみつかっておらず、移動式のテントなどが使われたようです。縄文時代(じょうもんじだい)の初めごろの生活の様子が、よくかわる遺跡(いせき)です。

青文字の用語の解説は、用語集ページ

  • 遠景

    遠景

  • 出土した矢じり

    出土した矢じり

  •  出土した土器

     出土した土器

現在の様子現在は、遺跡の見学はできません
戻る
error: コンテンツは保護されています
ページトップへ戻る